里親に手伝ってもらいながら、唯一の我が子を育てる母猫

救助されてから子猫を出産した母猫。自分にそっくりな我が子を毎日大切に育てています。

[2020-12-24]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
数週間前、ボランティア救助団体『「Rescue Cats of Florida』 がブリーダーから複数の猫を救出し、保護しました。

妊娠中の猫もいて、適切なケアをできる経験豊かな里親が必要でした。そこで、『Fox Foster Kittens』の設立者、サマンサ・フォックスさんに助けを求めました。

「妊娠中の猫2匹の世話が必要だと聞き、うちの子供部屋を使うことにしました」
とサマンサさん。

その中の1匹、グッチ(オレンジ色のミヌエット、ペルシャ猫とマンチキン猫の交配種)は、里親の家族になついてにゃあにゃあ鳴き始めました。
女王のような風格のあるグッチ。最初から食べ物の好みにうるさく、また、よくブラシをかけてほしいと要求しました。

「常にそばにいてくれる人が必要なのです。なので私がいてあげます」
とサマンサさんは話します。

「グッチは意志の強い性格で、とても頑固な女の子です。私たちは、グッチの好きなものと嫌いなもの、毛づくろいの習慣、おやつ、おもちゃなどを学んでいます。」
家に到着して1週間後、グッチは陣痛が始まり、健康な子猫を出産しました。

グッチにそっくりで、ヴェルサーチと名づけられました。生まれてすぐに母親に抱きつき、手放そうとしませんでした。

2匹目の赤ちゃん猫は、救うために懸命の努力をしたにもかかわらず、残念ながら命を落としました。

ヴェルサーチは唯一の生存者であり、強く生きることを決意しているようでした。
「グッチは大変な出産を経ましたが、健康な美少女・ヴェルサーチがそばにいてくれます。ママと同じ顔立ちをしています」

母となったグッチはつきっきりで子猫の世話や授乳をこなし、たった1匹の我が子の子育てに没頭しています。

ヴェルサーチがママに抱きつくと、完全に溶け込み、見えなくなってしまうほど同じ毛の色をしています。
「ヴェルサーチは、いつもママのしっぽの下で丸まったりあごの下に隠れていたりします」
とサマンサさんは言います。

「グッチは、今まで見たことがないほど子猫を愛する母猫です。決して離れようとせず、この親子の絆はとても強いものになっています。」
最初の2週間、猫の赤ちゃんは母親からの愛情を一身に受け、母乳をたっぷり飲んで小さなお腹が可愛くふくらみました。

そして、目がぱっと開いたとき、周りの世界をキョロキョロと見ました。好奇心が強く、こわいもの知らずのようです。
「グッチは偉大な母です。常に我が子の頭のてっぺんからしっぽまできれいに保ち、昼寝をするときには赤ちゃんの体に足を巻き付け、あまり遠くに行かないようにいつも確認しています。

ヴェルサーチは生後3週間を迎え、相変わらずかわいいです。小さな足を使って自分で歩くことを学んでいるところです」
とサマンサさんは報告しています。
グッチとヴェルサーチは、素晴らしい未来に向かって順調に進んでいます。

ヴェルサーチにはまだやるべきことがたくさんあります。小さな足を使い、大きなお腹を床につけながら、よたよた歩いています。
ヴェルサーチは抱っこが大好き。また、ママを見習い、要求があるとにゃあにゃあ鳴くようになりました。


子猫が離乳すれば、グッチは母親業から引退することになります。
サマンサさんは、
「グッチが最後の子猫を産むのを助けることができて、本当に良かったです。ヴェルサーチはとてもかわいい子で、これからどんどん成長していくのを見るのが待ちきれません。」
と話しています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【それがトルコだ】SNSで人気になったどうぶつ画像

【拗ねてる…?】SNSで話題になったどうぶつツイート

画像まとめ

中国の犬肉取引から犬たちを守る女性。団体を設立し、今も活動を続けています。

画像まとめ

【か、かわいすぎる・・・】ツイッターで癒される動物の画像ツイート28選

誰が見ても「かわいい」という声を発してしまう、ニャンコたち

感動

生後5ヶ月でブリーダーに見捨てられ、インスタ界の星になったクマ似のバートラム

車の後ろから追いかけてきた子犬。最初は警戒していましたが…

画像まとめ

【爆笑】小動物の笑える面白投稿まとめ

画像まとめ

【元気に育ってね】人気を集めたおもしろ動物画像