「ホリデー・ミラクル」で帰ってきた、1年行方不明だったピットブル

シカゴで1年前に行方不明になった犬。家からそう遠くない場所で、野良犬になって生き延びていました。

[2020-12-22]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
2019年12月、6歳のピットブル・グレイシーが玄関ドアから出て行方不明になりました。それ以来、飼い主のケリー・シェイドさんはずっと愛犬を探し続けてきました。

「あちこちに貼り紙を掲示しました。「Lost Dog Illinois」(迷子の犬のウェブサイト) にも投稿し、近所のシェルターに連絡し、何ヶ月も泣きながら探しました」
とシェイドさんは言います。
それから約1年後、ジャクソン・パーク・ハイランズ付近の家から2マイルも離れていないところで、グレイシーが近隣住民に目撃されていました。

しかしグレイシーはおどおどしていて、他の人や動物が近づくとこわがりました。
『People』によると、近所に住むポリー・エリソンさんがグレイシーの信頼を少しずつ得て、毎日ごはんをあげていました。
数ヶ月かかり、努力は報われました。エリソンさんは、友人のケイティ・キャンベルさんとともに野良犬たちの救出活動をしていましたが、何とかグレイシーも保護することができました。

マイクロチップが入っていたので、その後シェイドさんに引き渡されました。


グレイシーが見つかったことを知ったシェイドさんは、泣いてしまったそうです。
再会の瞬間はとても感動的でした。

グレイシーはしっぽを振ってシェイドさんに近づき、ふたりとも感激しながら抱き合いました。

シェイドさんは、
「人は、犬の決してあきらめずに生き延びる能力を認識する必要があります。最も人に教えるべきことは、「決してあきらめないこと」だと思います」
と話しています。
「まさにホリデー・ミラクルです。本当に素晴らしいです」
と話すシェイドさん。


動画はこちら:
https://www.youtube.com/watch?v=jX91ZUzwRG8
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【脱力感】バッテリー切れたみたいな脱力感溢れるペット達

モコモコの毛をした小さな猫。里親のもとを離れようとせず…

癒やされて笑える!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

笑い

【ちょっと目を話したら…!】ネットで話題の笑える動物の画像ツイート23選

クリスマスの奇跡を信じて…。凍えきった5匹の犬を保護

【癒やしと笑いがいっぱい】面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

笑い

人気になった可愛いのに面白い動物画像23選

感動

子猫の兄弟を優しく見守るのは、耳に障害がある大きなワンちゃん!

仲良しの2匹は、いつも誰かの気をひきたい。なんと警察を呼ぶことも…!?