俳優・コメディアンのリッキー・ジャーヴェイスさんが、保護猫を引き取りました。

当初は里親として短期間預かるつもりでしたが、あまりにもかわいいので、正式に家族として迎え入れることにしました。

[2020-12-20]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
イギリスの俳優でコメディアンのリッキー・ジャーヴェイスさん。信じられないほどぶっきらぼうで、話しながらいろいろな自然なポーズをとる人ですが、最近インターネットで注目を集めています。

ただし、彼のふざけた態度が注目されているのではありません。

リッキーさんは、ロックダウンの最中に猫のピックルを引き取りました。「健康で賢く知的」だという猫の写真は、59歳のリッキーさんのInstagramに投稿されているもののほとんどすべてを占めています。
リッキーさんと、彼のパートナーであり、作家であり、テレビスターでもあるジェーン・ファロンさんは、当初、ピックルの新しい飼い主が決まるまで一時的に預かるつもりでした。

しかし、その美しい猫がリッキーさんとジェーンさんの心をつかみ、結局そのまま家族として暮らし続けることになりました。
ひざの上に乗ってじっと見つめてくる顔を見たら、手放せなくなってしまったのです。

今では、ピックルはジャーヴェイスさん一家にとってなくてはならない存在です。

夫妻がピックルを引き取ったとき、2020年3月に飼い猫のオリーが亡くなってから7カ月経っていました。オリーは16歳でした。リッキーさんとジェーンさんは深く落ち込んでしまい、友人や家族がサポートしてくれたほどです。

コロナウイルスによってロックダウンが始まり、夫妻は家を開放することで困っているペットを助けようと考えました。「少しの間だけでも預かって世話することができる」と思ったのです(とはいえ、実際には「少しの間」とはいかなかったわけですが)。
当初、ピックルは保護施設ではキャトキンスという名前でした。とてもカッコ良くて素晴らしい名前です。

しかし、新たな時代を迎えるために、新しい何かが必要だと思ったジェーンさんは「ピックル(漬物、いたずらっ子)」 と改名しました。ちなみにフルネームは、「Picklicious Fatkins the First」だとのこと。
ピックルが家族になって以来、リッキーさんはピックル以外の写真はほとんど投稿しません。
ベッドの上で勢いよくしっぽを振るピックル。
変顔をするリッキーさんの隣で、涼しい顔をしています・・・
まるで人間のように立ち上がることも!
愛情をたっぷり注いでくれるリッキーさんのもとで、ピックルは毎日楽しく暮らしていることでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【「遊んで欲しいにゃ・・・」】ネットで話題になったなごむ動物ツイート

【そっくり…?】最近話題になった動物ツイート28選

驚き

【閉じ込められた・・・】Twitterで話題の面白い画像、動画まとめ

【気持ちいいワン♡】ネットで話題を集めた笑える動物画像(28枚)

【犯にゃんであろう猫】Twitterで話題の可愛くてほっこりする画像、動画まとめ

最初はひとりで来ていた野良猫が、ある日何匹もの子猫を引き連れてきました。

笑い

【短気で勝気な猫ちゃん】ツイッターで話題の癒される動物画像

【マジでとびかかる3秒前】人気を集めた可愛いのに面白い動物画像まとめ

笑い

【「やっぱりおうちがいいにゃ・・・」】ツイッターで話題になった動物ツイート28選