中国の犬肉取引から犬たちを守る女性。団体を設立し、今も活動を続けています。

悲惨な中国の犬の状況を知った女性は、犬を救うために救助団体を作ることに。パンデミックの今も、中国の犬たちのために奔走しています。

[2020-12-19]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
中国の障害を持ったゴールデンレトリバーを引き取ることを決めたジル・スチュワートさん。その犬は上海の路上に捨てられて飼い主がおらず、救わなければいけないと思ったのです。

その新しい家族に会うためにノース・カロライナから飛び立ったスチュワートさんは、中国の犬を待ち受けている恐ろしい運命について知りました。

中国では、子犬が捨てられ、殴られ、餓死し、放置され、食肉用トラックに詰め込まれて、中国の残酷な犬肉取引で惨殺されているのです。
スチュワートさんは即座に犬のレスキューと協力し、『GoFundMe』のページでさらに5匹の犬を救うために7,000ドルを集めました。

それでもまだまだ十分ではありません。なぜなら、中国では毎年食肉取引で何十万匹もの犬が殺されているからです。

そこで、スチュワートさんは非営利団体『China Rescue Dogs』を立ち上げることにしました。
団体を設立しようとしているとき、レスキューからスチュワートさんに連絡がありました。当局が犬の収容所の焼却を計画しており、150匹以上の犬が緊急に新しい家を必要としている、というのです。

「すべての犬を連れ出し、場所を確保する」 とスチュワートさんは言いましたが、中国から犬を連れ出す複雑なプロセスについてはほとんど何も知りませんでした。

どうすれば良いのか不安でしたが、事態の緊急性から、彼女は全力を尽くす必要がありました。
2019年7月に設立されたChina Rescue Dogsは、中国の犬肉取引、警察による収容、路上放棄から200匹以上の犬を救出しました。

スチュワートさんは、その成功を「素晴らしい指導者たち」である寛大なパートナーや寄付者のおかげとしています。長距離の飛行で犬を安全に飛ばすために、時間とお金を提供するボランティアと協力しました。

パンデミックが起こる前には、ボランティアたちは上海、ハルビン、チェンドゥ、武漢にいるChina Rescue Dogのパートナーに会いに飛んでいき、救助された犬を連れてニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに戻ってきていました。

「私たちは恵まれていて、とても幸運でした。なぜなら、この活動のために空を飛びたいと思ってくれる人たちがいたからです。」
とスチュワートさんは話しており、企業スポンサーの支持も得ました。

「私のために2回飛行機に乗ってくれた人もいて、また、娘と私は毎月犬を連れて帰りました」
しかし、2020年の1月、COVID-19によって米国と中国の間の商業飛行が中止されました。太平洋両岸のレスキュー隊に前例のない難題がもたらされ、事態は一転して活動は停止しました。

「中国の野良犬は群れをなし始めました」とスチュワートさんは語り、中国の状況については「破滅的」と表現しています。


現在、中国のレスキューは路上の動物たちにエサを与えようと奔走しており、いまだに国に蔓延る食肉処理場や食肉用トラックから犬を救出する手段もありませんでした。

この破壊的な変化は、新種のコロナウイルスに関する誤った情報の渦巻きによってさらに複雑になりました。ペットの飼い主は犬を捨て、当局は「伝染性を持っている」という誤った思い込みで動物を収容するようになりました。
スチュワートさんのもとには、泣きながら連絡してくるレスキューもいました。

絶望感が募りましたが、これまで以上に解決策を見つけようと決意することにもなりました。

China Rescue Dogの副社長であるライアン・マクドネルさんは、「飛行機をチャーターしよう」と言うスチュワートさんのセリフを思い出しました。パンデミックが始まった初期、そしてCOVID-19により資金調達活動が難しくなった時でさえ、スチュワートさんは動じていなかったのです。

「私は 「お金がないよ」と答えていました」と、マクドネルさんは笑いながら振り返ります。

スチュワートさんは「まあ、どうにかできるはず」と返し、そしてそれは正しかったのです。
当初、China Rescue DogsはRetrieve a Golden of the Midwest (RAGOM) やその他の動物救助団体と提携し、40万ドルを調達してチャーター機をチャーターし、中国の昆明から救助された犬105匹をシカゴに輸送しました。

しかし、救助団体『Paws Across the Ocean』は両国政府の支援を受けながらも、米国と中国の関係がますます悪化する中で、新たな犠牲となりました。

「私たちはとても親しい関係でしたが、私たちの手に負えない政治的理由によるものです。」
とマクドネルさんは言います。

「乗組員は飛行機にシャトルされ、私たちはシャットダウンされました」
しかし、China Rescue Dogsはあきらめず、振り出しに戻りました。

「荷物で犬を移動させる方法を学びました」とスチュワートさんは語り、RAGOMと協力し、パンデミック時に中国から犬を輸入するレスキューのための新しい枠組みを作ることになりました

スチュワートさんによると、犬を貨物輸送するのは「とても難しくてうんざりする」プロセスであり、パレット一個が5万ドルもするため、非常にコストがかかります。

それでも、China Rescue Dogsは105匹の犬を貨物便で米国に輸送し、他のレスキューと知識を共有することで、さらなる犬の救出のために取り組んでいます。
「私たちは協力して働いています」とスチュワートは言い、この協力関係の拡大は、レスキューが犬を移動させるための資源とパレットスペースをプールすることになり、世界的な危機の副産物の一つだと説明します。

「中国のレスキューが協力して犬を中国から脱出させようとし、ともに国際的に活動する方法を探しています。これは、私たちが開拓したことです」

しかし、中国に取り残された犬たちにとっては依然として悲惨な状況です。

すでに30パレットの犬を貨物として運んできましたが、レスキューにペットフードの代金を送る以上のことはなかなかできません。

「肉の運搬車が毎日犬を食肉処理場まで運んでいます。うちのレスキューは懸命に犬を救助していて、毎日「助けて欲しい」というお願いを受けています」
とスチュワートさんは話します。
China Rescue Dogsではさらに120匹の犬を検査して移動する準備をしていますが、犬の送料は$2,500から$3,500もかかります。

「この犬たちはみんな飛ぶ準備ができています。この120頭のうち最初の26頭を今年の12月に輸送したいと考えています。飼い主となる家族たちは、アメリカに到着する日を心待ちにしています。」

しかし、これはすべて資金を調達できるかどうかにかかっています。「あとは中国の代理店に送金して、飛行機を予約すれば完了です。」とスチュワートさんは語っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【堂々とした寝顔!!】最近盛り上がったなごむどうぶつツイート

画像まとめ

【爆笑】小動物の笑える面白投稿まとめ

【あと、2日あるんか…】ネットで話題になった笑える動物ツイートまとめ

【そんな目で見つめないで・・・!!】人気になったほっこりする動物ツイート

【「遊んで欲しいにゃ・・・」】ネットで話題になったなごむ動物ツイート

【ヒイッ!!!!!!!】話題の面白くてカワイイ動物ツイート

感動

アマチュア写真家が異種間の友情を撮りためた写真18選

【仲良しワンニャンず】3匹のわんちゃんと1匹の猫ちゃんの毎日に癒される

犬と猫を一緒に飼っていれば、当たり前のように見られる光景