危機から回復した子猫。彼女は一生懸命大きくなろうとしています!

小さな小さな子猫は、瀕死状態から回復すると、力強く大きくなろうと必死でした♪

[2020-12-29]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
バージニア州にあるレスキュー団体「Norfolk Animal Care Center」のフォースターボランティアをしているヘザーさんは、新生児の子猫数匹を引き取りました。彼女の懸命な世話にも関わらず、残念ながらクローブのみが唯一生き残ったと言います。

手のひらサイズの彼女は、様々な健康問題に直面しながらも、懸命に立ち向かっていたと言います。ヘザーさんは、「クローブが諦めない限り、私も諦めないと誓った」と話します。
そしてヘザーさんは、懸命にシリンジで食事など付きっきりでクローブを世話しました。それに応えるかのようにクローブは一生懸命、食べて困難を乗り越えていったのです。
少しずつですが、確実にクローブの体重は増えていきました。そして、抗生物質を投与できるまでに体重が増えたクローブ。

そして目も綺麗になり、足も動かせるようになった彼女は、元気いっぱいの力で、子猫らしく動き回れるようになったのです。
保育器を卒業したクローブは、人生で初めて新しい環境に興味をそそられて、あちこち探検するように(笑)
固形物が食べれるようになるまで、時間がかかったものの、食べ方を覚えると彼女は顔にごはんがつくのも気にせずにガツガツ食べるようになったそうですよ♪
生後7週間でようやく体重が450gに到達したクローブ。彼女はまだまだ小さいですが、足りない部分は彼女の愛らしい性格で補っています♪
小さくても、自分より大きい人やわんちゃんに劣らず主張するクローブ。彼女に怖いものなどありません!
生後8週間になったクローブは、すっかり甘えん坊さんの子猫ちゃんになったと語るヘザーさん。
ヘザーさんの愛犬3匹と遊ぶのが大好きなクローブ。そしてママの腕に抱かれて眠るのが大好きです♪
どんどんやんちゃ子になっていくクローブ(笑)
体重が900gに達したら、クローブの新しい里親を探す準備をするようですよ♪

素敵な家族が見つかるといいですね♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

仔犬だって雪が大好き!はしゃぎ回る仔犬たち16選

その性格は?自分の体がどれだけ大きいかを分かっていないグレートデーンたち

驚き

【一体化した猫】Twitterで話題の思わず笑える画像まとめ

話題の#prettyeyeschallengeに挑戦中のワンコやニャンコたち

画像まとめ

飼主だけじゃなく、愛犬もここでくつろぐのがやっぱ好きなんだって♬

画像まとめ

野生では珍しい、母親の死後に子供の世話をする父親オランウータン

猫たちのいろんなあいさつを紹介!猫どうしや飼主に対して

【人面アザラシ】話題を集めたなごむ動物画像(28枚)

【オンライン飲み会が一番盛り上がった瞬間】Twitterで話題の笑える画像まとめ