ディナープレートほどの大きさのクモを1年間飼っている男性

「ルームメイト」としてクモといっしょに住んでいる男性。写真を見た人はたいてい気持ち悪がっていますが、男性は少しも気にならないそうです。

[2020-12-15]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
クモは私たちにとってこわい生き物で、中でもアシダカグモほどゾッとするものはありません。​大きな体をしたクモを見ると、誰もが恐怖で鳥肌が立ってしまうでしょう。

​しかし、そんなアシダカグモを1年間自宅に住まわせていたオーストラリア人男性がいます。

​ルームメイトとしてアシダカグモを飼っているジェイク·グレイさんが、自身のフェイスブックページで、この大きなクモの写真を共有しました。

​1年かけて体が大きくなっていたそうで…なんと恐ろしいことでしょう!

壁にとまっている姿は、強い存在感を放っています。​
​グレイさんはスパイダールームメイトのクモのことを少しも気にしていないようですが、写真を見た人はたいていそうではありません。

ある人は「ここはもうクモの家になっている」と書き、またある人は「このサイズでは、クモに家賃を払わせるべきだ」と書きました。

私​個人的には、ぜひこのスパイダー・ルームメイトを追い出すべきだと思います。​しかし、やっぱりグレイさんはまったく気にしていない様子。

​2019年以来、彼はクィーンズランド州北ケアンズにある自宅でクモといっしょに暮らしています。クモは成長し、今ではもはやディナープレートほどの大きさになっています。

​ただし幸運なことに、体はとても大きいにもかかわらず、アシダカグモはおとなしくて内気で、危険を感じたときには戦うよりも逃げ出す方を好みます。​それは大変重要なポイントで、なぜならアシダカグモは痛みを伴う毒を持っているからです。

​オーストラリアには155種以上のクモが生息しており、アシダカグモは中でもごく普通のクモです。​非常に大きくて毛が生えていて、人体に有害な毒を持っています。​

ありがたいことに、人間のような大きな生物に対してはかなり内気なので、人と接するのはあまり好きではありません。​実際、たいていは静かで平和な生活を好みます。

​主に葉の下や木の樹皮の下、岩の割れ目の内側に生息しています。​当然、人間と生息地を共有しているのはちょっと珍しいケースと言えるでしょう。


こちらの男性は、なんとヘッドホンの中でクモを見つけてしまったようです・・・
オーストラリア在住のオリー・ハーストさんは、ノイズキャンセリングヘッドホンを手にしたとき、人生最大の恐怖を経験しました。​全く気づかずに着けたところ...耳にくすぐったい感覚を感じたのです。

​取り外してヘッドフォンの内側を見ると、そこには快適に休んでいる大きなアシダカグモが。

​ハーストさんがこの動画をInstagramで公開すると、大量のコメントが投稿されました。​

あるユーザーは、
「嫌だ嫌だ.....私だったらきっと飛び上がって、できる限り遠くにイヤーマフを放り投げると思う」
と書いています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

屋根の上で見つかった猫の一家

SNSで人気になったなごむ動物画像

感動

何者かに頭を撃たれて大怪我を負いながらも、決して人間を恨まずに前向きに生きる猫「ホリー」。

画像まとめ

結構いろいろやらかします♪ 鳥たちによる謎の珍プレー集 18連発

感動

「負けてたまるもんか!」ある障害を抱えながらもたくましく生きる1匹の子猫のお話

笑い

【器用な腕組っ!】話題を集めた笑える動物ツイート

画像まとめ

クリスマスに飾られた自分の写真を見て喜ぶ犬

【短気で勝気な猫ちゃん】ツイッターで話題の癒される動物画像

里親に手伝ってもらいながら、唯一の我が子を育てる母猫