窓辺にやってきた猫の夫婦。これから子供を産むところでした。

妊娠中の猫と、そのパートナーの猫が家にやってきました。出産中もその後も、夫婦で支え合っています。

[2020-11-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
​昨年の夏、ジャンナ・ルウェリンさんがボーイフレンドのロブさんとともに一階のアパートに引っ越してきたとき、新しい隣人があいさつしにやってきました。

​家具を並べていたときに窓辺に現れたのは、オレンジ色のタビーと黒猫。​お腹をすかせているようだったので、ロブさんは余ったサケを取りだして差し出すと、すぐに平らげてしまいました。
​猫たちは、それ以来毎晩やってくるようになりました。ドアの前で鳴きながら待ち、窓の下で寝ているのです。

​ミソ、スキと名付けられたその猫たちは、最初の数日間は食べ物が欲しいときだけ姿を見せていました。しかし、次第にルウェリンさんとロブさんを信頼するようになり、昼間は庭でゴロゴロし、夜は窓の下で寄り添うようになりました。
​外が寒くなるにつれて、ルウェリンさんは黒猫・スキについてあることに気づきました。

​「初めて会ったとき、2匹はともとても小さかったのです。スキも痩せていたのですが、なぜかお腹が少し大きくなっていました。だから、妊娠しているか、何か病気なのか、どちらかだと思いました」
とルウェリンさんは振り返ります。

それからペットショップで段ボール製のキャリーケースを2つ買い、獣医に連れていくことにしました。​猫の夫婦は離れ離れになるのを嫌がり、ミソは箱に穴を開けて、スキに会いに行きました。

​「2匹は、ダンボール箱の中からもう一方が無事かどうかを確かめながら、たえずにゃあにゃあ鳴いていました。」
動物病院でスキが妊娠していることがわかりましたが、それ以外は健康だったので、ルウェリンさんは地元のレスキュー『Little Wanderers NYC』に支援を求めました。

​ルウェリンさんとロブさんは猫たちの正式な里親になり、家の中に入れました。

​そしてある晩、家に帰ると、タオルの上に4匹の子猫が生まれていました。
​それから再び出産を始めて、スキは合計7匹の赤ちゃんを産みました。​ミソはそばでずっと見守っていました。

​「陣痛の痛みで鳴くたびに、ミソが駆け寄ってきました。彼らは完璧なカップルです」
とルウェリンさん。
​ミソは喜んで父としての役を引き受け、毛づくろいをし、子猫と遊びました。

​「最初は、子猫はみんな黒に見えましたが、成長するにつれて、黒が1匹、グレーと黒のタビーが3匹、それに3匹のさび猫がいるのがわかりました。」

タビーの中にオレンジが少し入っているので、ミソは間違いなく子猫たちの父親です。」
​その後、ルウェリンさんの友人たちが子猫たちを引き取り、ルウェリンさんとロブさんはミソとスキを家族の一員にすることに決めました。

​外で見つかってから今まで、そしてこれからも、その猫夫婦はずっといっしょです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

里親の家にやってきた子猫。たくさんの犬や猫がいて、すっかり仲良しに♪

驚き

片目の無い猫「クリ」が見つけた生きがい、それはなんとサーフィンをすることだった。

【癒やしと笑いがいっぱい】人気の動物系画像ツイート 20選

感動

シェルターで寂しい暮らしを送っていた老猫が一人の女性に出会い、本屋で幸せな第二の人生を歩みだす。

感動

1羽だけ雪の上に取り残されてしまった理由とは?不審に思った男性が救助【動画付き】

裏庭で見つかった猫は、のどをゴロゴロ鳴らすことはまったくなかったが…

感動

普通とは異なる見た目がきっかけで里親に出会い、幸せな暮らしを手に入れた犬「リサ」。

笑い

日常の中に潜む笑い!ニャンコが見せる面白い姿

笑い

【大事な工程!!】最近Twitterで話題の動物ツイート20選