子猫を連れて家にやってきた母猫。助けを求めて来たようです。

妊娠中からテラスでごはんをもらっていた野良猫。出産後しばらくして、6匹の子猫も連れてくることにしました。

[2020-11-21]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
​ある夏の日、カナダ・ケベック州に住むリジアンヌさんは、庭でふわふわの黒い猫を見つけました。

​その猫は自宅近くにある野良猫コロニーに属していて、おなかがすいているようだったので、ボウルに食べ物と水を入れて差し出しました。

​リジアンヌさんは猫にウサギと名付け、その後もごはんをあげました。すると、ウサギは日に日にリジアンヌさんを信頼するようになりました。​

だんだんウサギのお腹が大きくなってきて、妊娠中であることがわかりました。
その後ウサギは外で出産しましたが、それまでと変わらずリジアンヌさんのところに来てごはんをもらいました。

​数週間後、ウサギはリジアンヌさんに我が子を紹介する気になったようです。子猫を1匹ずつ連れて来て、合わせて6匹の子猫がテラスに並びました。

​生後約6週の子猫たち。母猫のミニチュア版のようです。この小さな家族が助けを必要としていることは明らかでした。
​リジアンヌさんはまず母猫と子猫たちを家に引き入れ、レスキュー『Chatons OrphelinsMontréal』を呼びました。

母猫はリジアンヌさんのもとに留まり、治療と不妊手術を受けることに。子猫のうちの1匹は、リジアンヌさんの友人が引き取りました。
​レスキューに到着したとき、子猫たちはすでにギリギリの健康状態でした。結膜炎で呼吸しづらくなっていたのです。

幸い、​獣医の治療を受け、体調は急速に改善しました。そして回復するにつれ、人間といっしょに過ごすことに慣れたようです。

レスキューは、
​「子猫たちは内向的で、社会化が必要でした。徐々に人を信頼し始め、自分の殻から出てきました。​子猫たちは、みんなでいっしょに楽しむのが大好きです」
と話しています。
​残りの5匹の子猫は今、飼い主を探す準備ができています。


リジアンヌさんの家を訪れ、助けを求めた母猫・ウサギのおかげで、子猫たちは健康を取り戻すことができました。これからの生活は、きっと快適に過ごせることでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【リラックス全開】SNSで話題の気持ち良さそうに眠る動物の画像、動画まとめ

【スヤスヤ…】魅惑の短足!マンチカン画像集

地下鉄の中で子猫の世話をする男性。心温まる光景です。

【役はワタシがいただくワン!】Twitterで話題のコスプレ犬たち

里親の家で別の子猫の声を聞き、我慢できずに駆け寄っていった保護猫

画像まとめ

散歩するたび、必ず友達にあいさつしたがる犬

街をさまよっていた犬。発見した人を連れて、アパートのドア前まで歩いていきました。

【監視中】Twitterで話題の覗くのが大好きな動物の画像、動画まとめ

引越し先の納屋に猫の家族が。一番に捕獲された子猫は、すぐに人になつきました。