仲間を欲しがっていた小さな猫。願いが叶い、2匹の姉妹猫と出会うことができました。

前足で毛布をこねるのが大好きな子猫。遊び友達ができて、ますます元気に育っています。

[2020-11-14]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ノースカロライナ州の住民が、家の外で小さなクリーム色の三毛猫を見つけました。

何時間待っても母猫は現れなかったので、家の中に入れて一晩世話をしました。その後、必要なケアを受けさせるために地元のレスキュー『Sparkle Cat Rescue』に連絡しました。

里親として子猫を引き取ることになったのは、ボランティアのサラ・ケリーさん。子猫はひどい目の感染症にかかっていて、すぐに治療が必要でした。

サラさんが急いで迎えに行き、車に乗せると、子猫はのどをゴロゴロ鳴らしながら小さな前足でこねこねし始めました。

薬を飲ませ、24時間つきっきりでミルクをあげて、子猫は成長し始めました。
目の病気は回復し、食欲が旺盛になりました。

子猫は前足でこねるのが好きで、誰かがいるといつも幸せそうに足を動かしました。

そこで、シェフのジュリア・チャイルドにちなみ、ジュリアと名付けられました。

「ジュリアは前足でビスケットをこねながらにゃあにゃあと鳴きます。

生意気でとてもかわいい子です。こねこねするのと同じくらい、粉ミルクが大好きです」
とサラさんは話します。
ジュリアはいつも注意を引きたくて、一緒にいてくれる仲間を求めていました。毎食後、保育器に置いてあるテディベアにすり寄り、まるでママだと思っているみたいにのどを鳴らしました。

ジュリアのような幼い猫は、ともに遊ぶ子猫の友達と過ごすことで、成長と社会化が促され、さみしい思いをしないで済むようになります。

そこで、サラさんは2匹の猫を紹介することにしました。
ジュリアが来る前に、サラさんは2匹の三毛の姉妹を保護していました。道路脇で発見され、ひどい状態だったそうです。

「2匹は母親がいない状態で発見されました。この姉妹は母親と一緒にいたことがなく、とてもか弱くて小さいので、かなりの困難に直面していました」
姉妹猫・ソレイユとルナ、手厚いケアを受けて元気を取り戻し、体重を増やし始めました。


ルナが回復している間、ソレイユはずっとそばにいて励ましていました。

「ソレイユはとても保護的で、ルナを慰めてくれました。」とサラさんは言います。
ジュリアが友達に会う準備ができ、サラさんは三毛姉妹と同じ遊び場に入れました。数回鼻でクンクンかいだ後、子猫たちはすぐに意気投合しました。


ジュリアが一番小さいかもしれませんが、その代わりに、強烈な個性を持っています。
2匹の姉妹は小さな新入りを受け入れ、キャットタワーとおもちゃを見せました。

ジュリアは、一緒にお昼寝できる仲間と出会えてとても幸せそうです。
友達と遊んだり寄り添ったりして、ジュリアはますます元気になっています。もうさみしいと感じることはなく、他の子猫から新しい技術を学んでいます。

体が小柄でも、ちゃんと一緒に遊べます。
ルナとソレイユは、新しくできた弟をとても可愛がっています。


やんちゃで愛らしい小さな三毛猫トリオ。
ジュリアは姉妹猫のあとをついていき、いたずらを学んでいます。
相変わらず前足でこねこねしてうれしそうなジュリア。

友達とともに、楽しい暮らしを分かち合うことをとても喜んでいます。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

お父さんとおそろいでアヒルのパジャマを着て大興奮なピットブル

画像まとめ

首輪にメモの入ったペットボトルを取り付けられ、捨てられていた犬

画像まとめ

どっちがどっち?よく見かけるのに似ていて困惑しちゃうワンコの種類

ふわふわの白い猫。窓際で奇跡の写真が撮れました。

三本足の小さな猫。きょうだい猫に追いつこうと一生懸命闘い、元気を取り戻しました。

【怒った顔も愛おしいので威嚇にならず】SNSで人気になったなごむ動物画像

【箱から生えた猫】SNSで話題の猫と箱の面白い画像、動画まとめ

驚き

【あっ。。。】脱出を試みるペットたちの決定的瞬間

笑い

【冷蔵庫を開けたら】Twitterで話題の収まってる犬猫の画像、動画まとめ