6年間、離れ離れになった家族と再会したシニア犬

シェルターに連れてこられ、悪夢ではないかと緊張した一匹のシニア犬、キング。ですがそれは、6年間離れ離れになってしまった家族との再会を導いてくれたのです!

[2020-12-03]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
10月下旬、ある女性が茶色の小さなチワワ犬、キングを動物愛護団体に連れてきました。15歳のシニア犬であるキングにとって、これが初めてのシェルターでした。ほとんどの子にとって、悪夢のような場面ですが、マイクロチップの確認後、それはキングにとって有り難いことに一変したのです。
マイクロチップの確認で、キングには2092km離れた場所で彼の帰りを待っている家族がいることが判明したのです。でもキングはまだ、自分があともう少しで家に帰れることを知りません。

他のわんちゃんたちと同様、新しい環境に静かにおとなしくなり、緊張していたと語るシェルターの責任者、チェリーさん。
6年前、キングはテキサス州サントニオにある、ヴァスケス一家の庭から姿を消してしまったのです。家族はチラシを配り、SNSへの投稿、そして地元のシェルターもずっと確認したものの、キングは見つかりませんでした。それでも、ヴァスケス一家はキングに再び会える希望を捨てずにいたと言います。

キングの家族がいると分かったシェルタースタッフは、すぐに彼らに電話かけ、留守番メッセージ分を残しました。すると1時間以内に折り返しの電話がかかってきたと言います。
キングが無事であることに、電話口で大喜びしたそう。そして飛行機のチケットが週末まで取れないと知ると、デビさんと彼女の娘さんはキングを迎えに、車でフロリダに向かったのです。

19時間かけて車を走らせてシェルターにやってきたキングの家族、デビさんたち。そして、待ちに待ったキングとの再会が実現したのです。長年、願っていたキングを取り戻したデビさんたちは、思わず涙を溢しました。
一方でキングは、6年間離れ離れになっていたママが歩いてくる姿を見て、ショックを受けていました。たくさんの人が見ていたので、もしかしたらキングは緊張していたかもしれません。
その後、海を見にビーチに寄ったデビさんたち。するとキングは少しずつリラックスモードになっていったのです。もう家族と離れ離れにならないのだと実感したのでしょう。キングはビーチで飛んで跳ねてと、デビさんたちと触れ合い始めたそう。家族の元に戻れて、本当に良かったですね!
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

人間界をシニカルに見つめている、かわいい動物たち

アパートの一室で見つかった総勢300匹もの猫

野良猫が子猫を連れて女性のところにやってきた。それからまた別の赤ちゃん猫が…

キュンとくる♡ ラブラブすぎるニャンコたち

笑い

【一眼レフと肉眼レフ】話題を集めた笑える動物ツイート

今も支援を待っている動物たちがいます

人気になった可愛いのに面白い動物画像23選

笑い

【可愛いが溢れてる】最近SNSで人気を集めたどうぶつ画像

笑い

癒やされて笑える!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選