ある女性のおかげで、孤独から解放された子猫ちゃん

孤児だった小さな子猫は今、温かいお家と新しい兄姉を見つけて、とっても幸せです♪

[2020-11-14]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
フォースタースタッフであり、ニュージャージー州ホーボーケンにあるレスキュー団体、「KittenBnB」の代表であるジェス・トーレンさん。彼女は3匹の子猫を引き取るため、あるシェルターに来ていました。

そのとき、孤児の小さな子猫がひとりぼっちでいるのを見かけたのです。他の子よりも幼く、明らかにフォースターケアを必要としていた子猫。
まだ引き取り先が決まっていなかったその子を、ジェスさんはそのままシェルターに置いたままにできず、すぐに彼も3匹の子猫たちと一緒に引き取ることにしたのです。

そしてジェスさんは、映画『ヴィクター・フランケンシュタイン』から名前をフランキーと子猫を名付けたのです。すぐに新しい環境に順応したフランキーですが、体重がわずか250gと付きっきりのケアが必要だったと言います。
小さな子猫ながらも、懸命に他の兄姉たちに追いついていこうとするフランキー。他の子猫たちよりも1-2週間若いフランキーですが、成長スピードが早いと語るジェスさん。

フランキーも、室内生活と一緒に過ごせる仲間の存在に大喜びでした♪
一緒にやってきた3匹の子猫たちも、まるで自分の弟のようにフランキーを可愛がりました。初日から彼を受け入れ、何をするにもフランキーを加えたそうですよ♪

歩くのを覚える最中も、兄姉たちをよく観察して懸命に覚えていくフランキー。
兄姉たちが歩く姿、遊ぶ姿、そして走る姿を一生懸命真似るフランキー。途中で転んだりしても、フランキーの自信が折れることはありません。フランキーは怖いもの知らずの、勇敢な子猫ちゃんです!

そして思いっきり遊んだ後は、兄姉たちに混じってお昼寝するそう。フランキーに体のサイズは全く関係ありません!
レスニングごっこのときも、兄姉たちに引けを取らないフランキー。そして順調に体を増やしながら、体力もつけているそうですよ♪
他の子の助けもあって、今ではすっかり遊び好きの子猫に成長したフランキー。いたずらもするようになったそうです(笑)

そして今は、一緒にもふもふする仲間がいないとベットに入らないそうで、兄や姉にしがみつきながら寝るのがお気に入りのようです♪
あと数週間で彼らは里親募集の準備が整うそうです。
フランキーはまだ一番小さい体をしていますが、彼はとっても大きいハートを持っています♪
シェルターでひとりいるところをジェスさんに保護されたフランキーは今、フォースターの家で兄姉たちと生き生きと過ごしています♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

可愛いから許せちゃう!いたずらっ子な小動物たち

最近人気を集めた笑える動物ツイート20選

画像まとめ

安楽死の危機からチャンスをもらい、手話を覚えた犬

時には失敗もするけれど、雪が大好きな動物たち!

画像まとめ

ゴミ捨て場から救い出され、レスキュースタッフに抱きつくかわいい犬

【すっぽり!!もふもふ!!】ツイッターで話題になった動物ツイート20選

【バナナベッド】最近人気を集めた笑える動物ツイート20選

感動

ある事故が原因で成長が止まった猫。小さな体で必死に生きる姿に胸が熱くなる。

他の猫といっしょに脱走を試みるシェルターの猫