ある女性の元に我が子を連れて来た野良猫

野良猫は、自分に優しくしてくれた女性に我が子を連れてきました。そしてそれが、野良猫一家の人生を変えたのです!

[2020-11-11]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今年の夏、ある一家の元に食べ物を求めて、一匹の野良猫が現れました。カナダのモントリオールに住んでいるリサーネさんは、自宅の庭で野良猫を見て、食べ物や水を用意したと言います。

警戒心が強く、人間との距離を保ちながらも、お腹を満たしに毎日やってきた野良猫。そんな野良猫のお腹が膨らんでいるのに気が付いたリサーネさん、もしかしたら彼女が妊娠しているかもしれないと思ったと言います。
それからしばらくした後、再び庭に戻ってきた野良猫ですが、子猫と一緒ではありませんでした。おそらく別の場所で子猫を産んだあと、食事のために戻ってきたのです。

子猫を見つけられたらと願い、野良猫の信頼を得ようと毎日必ず彼女と過ごす時間を作ったリサーネさん。それから数週間後、野良猫は少しずつリサーネさんに懐いていきました。
リサーネさんは野良猫がいつでも入って来れるよう、ドアを開けっ放しにしていたそう。するとある日、ようやく野良猫は勇気を振り絞り、中に入ってきたのです。なでなでも、せがんできたそう。

そしてある日、野良猫が再び戻ってきたとき、彼女ひとりではありませんでした。一匹ずつ、子猫を咥えて合計6匹の子猫をドアのところに連れてきたのです。リサーネさんは驚きと共に、嬉しく感じたと言います。そしてその猫一家を全て温かい室内に歓迎したのです♪
子猫たちは人間に慣れておらず、恥ずかしがっていたそうですよ。そして、野良猫一家が落ち着ける部屋を用意し、地元のレスキュー団体「Chatons Orphelins Montréal」に助けを求めたリサーネさん。

野良猫は信頼できる人、リサーネさんに4匹の美しい黒の子猫と1匹の虎柄の子猫を連れてきたのです。
母猫はすでにリサーネさん一家の心を掴んでいました。リサーネさんは母猫をもう手放せず、正式に引き取ることになったと語るレスキュー団体のセリーヌさん。

そしてトラ柄の子猫は、リサーネさんの友人が引き取ったそうですよ。
その他の子猫たちはレスキュー団体に預けられ、必要な医療ケアを受けて里親探しの支援を受けることになったと言います。

そのうちの1匹、ティトは変形した足を持って生まれた子だそうです。現在は必要なケアを受けて元気にしているそうですよ。
5匹ともゴージャスな長毛の黒猫で、3匹が女の子のテイラー、タイニー、ティアナ、そして2匹が男の子のテールズとティトと名付けられたと語るセリーヌさん。

最初フォースターの家に来た時は臆病気味だった子猫たちですが、すぐに心を開いてくれたそう。みんな母猫にそっくりな美しい子です♪
彼らはすっかり室内生活が大好きになり、とっても素晴らしい猫ちゃんに成長しています♪

ティトはもう少し大きくなったら変形した足の治療が必要になりますが、彼の兄妹たちは里親募集の準備が整いました。
タイニーとティアナは、微笑ましいくらいとっても仲良しなので、同じ里親が見つかればとレスキュー団体は願っているそうですよ♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

猫としては稀な症状を抱える子猫。立派に成長を遂げました。

画像まとめ

山火事の後、絶滅が恐れられていたピグミー・ポッサムを発見

【そっくり…?】最近話題になった動物ツイート28選

【そんな目で見つめないで・・・!!】人気になったほっこりする動物ツイート

【黒い毛玉たち♡】ツイッターで話題になったなごむ動物画像

心を鬼にするも、その反省した顏に声のトーンも落ち着いてしまいそう

ツイッターで人気を集めたなごむ動物画像

笑い

【イッヌのドン引く姿が面白すぎる】ネットで話題の笑えるどうぶつツイート

画像まとめ

【シュール】あれ、前が見えないんだけど...柴犬「ふぅちゃん」