ピカチュウ?!白癬の治療でターメリックトリートメントを受けた猫

ターメリックトリートメントで黄色になった白猫。治療効果はあまりなかったものの、可愛さはピカイチ!

[2020-11-04]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
猫のKha-Pwongは白癬で苦しんでいたため、飼い主のSupamasさんは自己流の治療をしてみることにしました。
バンコクに住んでいるSupamasさんは猫の感染症をとても心配していて、お母さんにアドバイスを求めました。するとふわふわな猫の体にターメリックを塗ることを勧められました。


Kha-Pwongは生後8か月のスコティッシュフォールドの猫で、真っ白な毛皮をしています。

ターメリックは手も作業面も全てのものを染めてしまうことで知られています。
薬効成分と風味と色で有名なインドのスパイスは、Kha-Pwongの体中を染めました。今、Kha-Pwongは本物のピカチュウのように歩きまわっています。

Supamasさんは当初、白癬の患部だけにスパイスをミックスしたものを塗っていたのですが、大量に余ってしまったため、将来の感染予防として全身に塗ることにしました。
Kha-Pwongから白癬を取り除く試みは計画通りにいかず、Kha-Pwongの毛色はすぐに明るい黄色になり、何の前進もしませんでした。

そこでSupamasさんはKha-Pwongの新しいカラーリングを楽しむことにし、ポケモンに似せるために写真を加工しました。
Facebookで写真をシェアすると、すぐに何千ものイイねが殺到し、多くの人がKha-Pwongがピカチュウに似てると同意しました。
Kha-Pwongの毛色がいつオリジナルのものに戻るかは分かりませんが、SupamasさんはKha-Pwongが自分の新しい見た目に気づいていないようだと語っています。
猫にとってのターメリックの安全性に関する科学的なリサーチはあまりありません。

ちなみに、抗炎症作用と健康上の利点が提案されているため、猫に少しのターメリックを食べさせたり、皮膚の乾燥やかぶれがあるところにターメリックのペーストを使っていることが報告されています。

ターメリックの奇跡の成分と言われているのがクルクミンという成分で、これを含むサプリメントを買うことができますが、新しい治療を始める前に、必ず獣医師に相談してください。

黄色くされてしまったKha-Pwongちゃん。ターメリックの効果はあまりなかったみたいですが、飼い主をはじめ多くの人に笑いと癒しを与えたようです♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

【この場所は誰にも渡さん!!】暖房器具に憑りつかれたペットたち

笑い

【(-_-)zzz】人気を集めた可愛いのに面白い動物画像まとめ

15歳の高齢猫。助けを求めて近所の人の家にやってきました。

地下鉄の中で子猫の世話をする男性。心温まる光景です。

【感謝のペコリ】小さな妖精とも呼ばれるシンガプーラ画像集

テラスで見つかった野良猫と生まれたての子猫たち

画像まとめ

野良犬と遭遇した街路清掃人。少し仕事を休み、犬の相手をすることにしました。

【冷蔵庫を開けたら】Twitterで話題の収まってる犬猫の画像、動画まとめ

【何気ない行動にほっこりします】SNSで話題になったおもしろ動物画像まとめ