里親の家で別の子猫の声を聞き、我慢できずに駆け寄っていった保護猫

同じ里親のもとで暮らしていた2匹の猫。出会って以来、大の親友です。

[2020-10-31]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今年初旬、1匹の子猫がTNRプロジェクトで救出されました。きょうだい猫の中での唯一の生存者であり、野良の母猫は安全に子猫の世話をすることができませんでした。


その後、子猫はカナダ・オンタリオ州にあるレスキュー『Tiny but Mighty Kitten Rescue』に移されました。

ルーシーと名付けられた子猫。とても生意気で、大きな声で鳴きます。


生後約3週間とみられ、哺乳瓶を使う練習を始めました。

哺乳瓶に吸い付く方法がわかると、元気にミルクをごくごく飲みました。
ルーシーは保護されたときからあまえんぼうで、いつも注意を引こうとしました。

レスキュー創設者のメリッサさんは、
「ルーシーと同じくらいの大きさのウサギのぬいぐるみをあげると、とても気に入ったようです」
と話しています。
ミルクを飲み終えるたび、抱っこしてほしがったり、歩く練習をしようとしたりしました。


疲れたときは、お昼寝するために居心地の良い保育器に入れてほしくて鳴きます。

堂々とした態度のルーシー。欲しいものは何でも手に入れます。
生後4週間を過ぎ、体重が1ポンドに達したルーシー。ますます里親に甘えるようになりました。


その頃、メリッサさんは別の保護猫・ルークを引き取りました。
ルークは、ある家の玄関先でひとりぼっちで見つかりました。ルーシーと同い年で、のどを小さくゴロゴロ鳴らします。

とてもエネルギッシュで、ぬいぐるみの猫につかみかかるのが好きです。また、毛布をこねこねするのもお気に入り。

最初の計画では、2匹を会わせる前にルークを治療して2週間隔離することになっていましたが、ルーシーは待てなかったようです。
毎日、ルーシーはルークの鳴き声を聞き、探したくてたまらなくなっていました。

数日後、メリッサさんが自分の部屋を掃除している間に、賢いルーシーはこっそり逃げ出しました。

「ゴミを捨てに部屋から出ると、そのすきにルーシーはルークのいるところに向かって走っていきました。

自分と同じようなサイズの子猫を見て、とても興奮したようです。すぐに遊び始めました」
とメリッサさん。
友達ができて大喜びの2匹の子猫。

メリッサさんは、その頃ルークの部屋をメインの猫部屋に移動したので、ルーシーといっしょに過ごすことができるようになりました。

すっかり親友になったようです。
部屋の中を駆け回ったり、取っ組み合いをしたり。疲れたときは、2匹で寄り添ってお昼寝をします。
ルーシーとルークは、里親の家でいっしょに冒険を始めました。お互い常に目の届くところにいます。
やがて新しい飼い主を探せるようになり、ある家族が2匹いっしょに引き取ってくれることになりました。
ルークとルーシーはすぐに新しい住居に落ち着き、飼い主のベッドで眠っています。

家には別の猫がいて、窓際でいっしょにバードウォッチングを楽しんでいます。
ルークとルーシーは大きく成長しましたが、抱き合っていっしょに眠るところは今も変わっていません。


里親の家で出会った2匹の親友猫。飼い主の家で、これからもずっと仲良く暮らしていきます。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

【「丸っこいフォルム」で人気上昇中】可愛すぎるうさぎさん「卯太郎くん」

学校について行った犬。校長室に通されたものの…

【まだかね?】ネットで話題を集めた笑える動物画像

【気まずそうな顔】最近ネットで話題のおもしろ動物ツイート9選

【怒った顔も愛おしいので威嚇にならず】SNSで人気になったなごむ動物画像

驚き

【スパムおにぎりの上で暖をとる】Twitterで話題の画像、動画まとめ

【マルチーズ×トイプードル】Twitterで話題のミックス犬画像集

最近SNSで話題になった動物画像

驚き

【まるでハンガー?】SNSで話題の驚異的に長く見える猫たちの画像まとめ