ガリガリに痩せた子猫のきょうだい。その後美しい子猫へと成長しました。

自分でミルクを飲めない子や、顔に個性的な模様がある子。みんなすくすく成長しています。

[2020-10-25]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
2週間前、南カルフォルニアのボランティアレスキュー『Wrenn Rescues』は、緊急の助けを必要としている4匹の子猫のきょうだいについて連絡を受けました。

ガリガリに痩せ、骨と皮だけの状態で見つかったそうです。

レスキューの里親ボランティアであるアシュリー・ケリーさんは、地元のシェルターに到着してから数時間以内に子猫を引き取りました。


子猫たちは栄養失調で体は汚れ、かなり長い間母親から離れていたようです。

「少なくとも2日間は自分たちだけで暮らしていたと思います」とアシュリーさんは言います。
ノミや汚物などに覆われていた子猫たち。それでも信じられないほどの生命力を見せ、お互いにしがみついて励まし合っていました。


体の掃除が終わった後、きょうだい猫たちは温かいベッドに身を寄せ、すやすや眠り始めました。
一番小さいのはワート(グレイと白)で、一番大きいのはグレゴリー(オレンジと白)です。

2番目に小さいロルナ(クリーム色の)は、最初の数日間、いびきをかいてたっぷり寝ました。


ロールシャッハ・テストに似た独特の模様を持つウィスパーズは、大きく強く成長しそうです。
アシュリーさんは、目の感染症やお腹の治療を始め、健康な状態に戻すための看護に取り組んでいます。

レスキューのジェン・マーダーさんが、4匹の子猫すべてが最適なケアを受けられるよう支援しました。

24時間つきっきりでの授乳、補助的なケア、そしてたくさん可愛がることによって、子猫経ちは元気を取り戻して成長し始めました。
生後3週間ほどで、グレゴリーさんは抱っこを求めるようになっていました。ワートと特に仲良しで、昼夜を問わずくっついています。


「グレッグとワートは素晴らしいペアです。こんなに早く、こんなに早く相棒を見つけることはそうありません。

この2匹は常にいっしょにいて、とても素敵なことです」とアシュリーさんは話します。
ロルナはよく不機嫌そうな顔をして眠っています。

ウィスパーズもいつも眠そうで、一番ふっくらしています。
ウィスパーズは、にゃあにゃあ鳴いて自分の意見を口に出します。

「彼女はとても生意気な女の子です。」とジェンさんは言います。

わずか2週間で、健康的な丸いお腹になりました。体重を増やし、食べたり寝たりして、これからの生活に備えているようです。
「ウィスパーズは、ごはんを食べて、私のことが嫌いだと言っているかのようにニャーニャーと鳴き、それから昼寝に戻ります。」
とアシュリーさん。

「この子は病気がひどくて自分で食べることができないのですが、栄養状態に問題はありません。」


自分の前足で動けるようになり、ますます子猫らしく活動しています。
「ワートは広い心を持った一番優しい男の子です! 自分で哺乳瓶からミルクを飲み、とても元気です。

まだ他のきょうだいほど大きくありませんが、体重は着実は増えています。」
とアシュリーさんは話します。

「のどを大きな音でゴロゴロ鳴らし、抱っこを求めて不機嫌そうな鳴き声を出すのがとてもかわいいです」
2週間足らずで、子猫たちの状態は180度変わりました。


小さな足が日に日に強くなっていて、使いこなせるようになる日が待ち遠しいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【天使が居る】最近ツイッターで話題のかわいい動物画像6選

初めてビーチを訪れた猫。風が吹き始めると、猫の表情に異変が

【ごはんに期待】Twitterで話題のペットと食べ物にまつわる画像、動画まとめ

画像まとめ

【宅配ボックスの横が居心地良いみたい】ツイッターで話題のなごむどうぶつ画像

笑い

【(-_-)zzz】人気を集めた可愛いのに面白い動物画像まとめ

配達ルートに住んでいるピットブルたちと仲良しになったUPSドライバー

笑い

【「丸っこいフォルム」で人気上昇中】可愛すぎるうさぎさん「卯太郎くん」

監視カメラから見られていると気づいたときの猫の表情がこわい

【スヤスヤ…】魅惑の短足!マンチカン画像集