我が子を育てた後、4匹の子猫の世話を始めた優しい母猫

2匹の子猫が新しい家族のもとへ移り、さみしい思いをしていた母猫。そこへ新たに4匹の保護猫がやってきました。

[2020-10-23]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
カリフォルニアのシェルターから、母猫と子猫2匹がオレゴン州のレスキュー『Oregon Friends of Shelter Animals』に移されました。

ボランティアのアンジェラ・スーさんが、その小さな家族を世話するために家に連れて帰りました。

プリムローズと名付けられた母猫は、家に着くとすぐに心が落ち着いたようです。うれしそうにのどをゴロゴロ鳴らし始めました。

母猫は新しいベッドに子猫を寝かせて、子猫の毛繕いを始めた。また、アンジェラさんの気を引きたがり、なでてほしそうにしました。


「子猫たちは生後約3週でした。目を開けて歩き始めていましたが、まだグラグラしていました。」
とアンジェラさんは振り返ります。
アンジェラさんが猫の家族に会いに部屋に入ると、プリムローズはかわいらしいさえずりとクークーという鳴き声で迎えます。


過酷な屋外やシェルターではなく、安全で静かな場所で子猫を育てることができてとても幸せそうです。
2匹の子猫、ジニアとジュニパーが十分大きくなったとき、すぐに新しい飼い主が決まって引っ越していきました。


「プリムローズは子猫たちにとってとても良い母親でした。子猫が新しい家へと移り、ひとりになって寂しそうでした」
その頃、4匹の小さな子猫がレスキューに保護されました。

里親ボランティアを募集するメールを受け取ったアンジェラさんは、ためらうことなく受け入れることにしました。

なぜなら、子猫たちにとってぴったりの母猫がいたからです。
子猫たちの体はノミにまみれ、汚れていました。


「1匹ずつお風呂に入れましたが、骨が浮き出ていました。彼らの生活が一体どんなものだったのか、想像できません。」


子猫たちと会わせると、プリムローズはすぐに受け入れ、体をなめてきれいにしました。

まるで我が子のように優しく包み込んでいます。
プリムローズの支えもあり、子猫は成長し始めました。健康的な体重になり、体力もつきました。

子猫たちは食いしんぼうで、どんどん大きくなっていきました。ごはんの時間になると、食べ物が運ばれてくるまで、にゃあにゃあと鳴いて催促します。

保護当時は骨と皮だけでしたが、毎日お腹いっぱい食べて、丸くてかわいいお腹になりました。
プリムローズはもう母乳があまり出ませんでしたが、それでも子猫たちに何時間も授乳させました。

4匹の小さな子猫は、お母さんのお腹の上にしがみつきながら愛情を吸収しました。

プリムローズは素晴らしい母親で、すべての子猫を熱心に世話しました。

レスキューは、こんな優しい猫のためにぜひ素晴らしい家庭を見つけたいと思いました。
そして数ヶ月後、プリムローズの新しい飼い主が決まりました。


我が子を2匹育て、その後4匹の保護猫の成長を助けた立派な母猫。ようやく母親の座から退き、今度は自分がめいっぱい可愛がってもらう番です。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

きょうだいの半分しかない小さな子猫。驚くべき生命力で回復しました。

初めてビーチを訪れた猫。風が吹き始めると、猫の表情に異変が

画像まとめ

散歩するたび、必ず友達にあいさつしたがる犬

【目で何かを語りかけている...】シベリアンハスキーの「ユキちゃん」

笑い

【無限猫】箱から猫がどんどん出てくる...無限に猫を生成!?

画像まとめ

ボートの乗組員が海で流されている小鳥に遭遇

【リラックス全開】SNSで話題の気持ち良さそうに眠る動物の画像、動画まとめ

最近SNSで話題になった動物画像

警察署に乗り込んでいった犬。飼い主の解放を求めて説得を始めました。