スタッフに会うたびに抱きつくかわいい保護犬

外に出て散歩に連れて行ってもらうとき、まずぎゅっとハグする犬。シェルターで、新しい飼い主が迎えにきてくれるのをずっと待っています。

[2020-10-17]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
犬のトロは廃屋のフェンスに鎖でつながれているところを発見され、昨年10月にヘムステッド動物保護施設に到着しました。


おそらくそれまでずっと屋外で生きてきたので、新しい環境に慣れるには時間がかかるかもしれないことをスタッフはわかっていました。

「最初に入ってきたとき、彼はとても神経質で、じっと黙っていました。」
と、飼育主任を務めるメリッサ・フォガティさんは話します。

「一部のスタッフには慣れてきましたが、やはりまだ少し緊張しています。」
今まで辛い思いをしてきて、恐怖心を持っているにもかかわらず、トロはとても愛情深い犬です。
フォガティさんは、トロを最初に散歩に連れて行ったスタッフの一人です。


外に出て歩き、15分ほどすると、トロはフォガティさんに抱きつきました。

「私の方に来て、膝の上に登り、私の胸に体をぎゅっと押し付けてきました...そこからさらに成長して、他のスタッフにもハグしています」
シェルターではまだ少し緊張していますが、安全で周りから愛される場所にいられることにとても感謝しており、すべての人にその気持ちを伝えています。

「犬小屋から出て最初にすることは、散歩に連れて行ってくれる人を抱きしめることです」
トロは1月に飼い主の家に引き取られましたが、残念ながら適合しなかったため、1週間半後に返却されました。


今でも永遠の家を探しています。きっと毎日家族を抱きしめ、愛情を運んできてくれるはずです。
トロに合うのは、大人だけの家族で、トレーニングを続けることができるような家です。

必要なのは、クレートの訓練と家の基本的なルールを教えることです。


シェルターで1年近く待っているトロ。こんなにハグをするのが大好きなかわいい犬がなぜまだ選ばれていないのか、スタッフは理解しがたく思っています。
「ここは保護動物の多い地域のシェルターで、トロは中年のピットミックスであるため、なかなか飼い主が決まらないのだと思います。」
とフォガティさんは推察しています。
愛にあふれ、ハグが大好きな犬、トロ。

新しい飼い主が現れることを願っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

驚き

約1,500年前に建てられた歴史的建造物内を我が家同然に使う猫

茂みの中に黒くて丸いものが??近づいてみると…

「猫×イラスト」で笑いの嵐をお届けします!

笑い

話題になった面白くてカワイイ動物画像

【世紀の大発見?!】最近ネットで話題を集めたなごむ動物画像24選

感動

【カラスの恩返し】食べ物を与えてくれた少女への恩返しとして、毎日プレゼントを届け続けているカラスのお話。

2匹の保護猫のもとに新入りの三毛猫が。反応は…

画像まとめ

灼熱の暑さの中、涼をとるために犬が選んだ方法は…

手のひらサイズの小さな猫。危機を乗り越え、里親の家で成長しています。