7年間もシェルターにいた犬…多くの人の力でお家を見つけることが出来ました!

7年という長い年月をシェルターで過ごしてきたBrooklyn… ソーシャルメディアの力でようやく素敵なお家を見つけることが出来たのでした!

[2020-10-07]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Brooklynという名前の犬はシェルターで約7年間も、誰かが彼女を選んでくれるのを待っていました。

ソーシャルメディアのおかげで彼女の話を知った、とある夫婦が彼女を迎えることを決めました。

Brooklynは彼女の人生のほとんどをHamilton Township Animal Shelter & Adoption Centerという動物シェルターで過ごしていました。

彼女は最近になって、ある男性が彼女の一時預かりを申し出てくれたおかげで家での生活がどのようなものなのか知りました。

彼女は6週間、散歩に行ったり、とってこい遊びをしたり、ソファーでくつろいだりしました。
シェルターの人たちはフェイスブックに、一時預かりの募集をかけて彼女がシェルター生活に戻らなくていいようにお願いする投稿をしました。

“このかわいい子が、シェルター生活に戻らなくて良いように一時預かりのボランティアさんを見つけるお手伝いをお願いします。

Brooklynは約7年間もシェルターで生活してきました。

そして、今は6週間一時預かりさんのもとですごしています。

また、孤独な犬舎にもどすことで彼女を悲しませたくないのです。”
このように、シェルターは緊急のお願いを投稿して、彼女にどんな家が適しているかの説明をしました。

“Brooklyには静かな環境と、犬になれている人が適しています。

彼女はとても気難しいので、来客の少ない子供のいない家がぴったりです。

Brooklynはシェルター以外の場所で人生を送るチャンスを探しています。

この可愛い犬は気難しいので、彼女と友人になるのは簡単ではありません。

ただし、一度彼女があなたを信頼すれば、一生の友達になるでしょう。”

とシェルターは投稿したのです。

この話はシェアされ、ある夫婦がBrooklynの面会にやってきました。

そして、それは成功したのでした!!

信じて待っていたBrooklynは報われて、すてきな家族を手に入れたのでした。
Brooklynはとうとう里親さんにもらわれていきました。

“2536日もかかりましたが、この美しい子はついに譲渡されました!

この夢の実現に協力してくれたボランティアさん、スタッフのみんな、一時預かりをしてくれた方、ソーシャルメディアでシェアしてくださった方々…全てのみなさんに感謝します。”

とシェルタースタッフも喜びに満ち溢れています。
Brooklynのような、シェルターにいる子達を助けてあげて下さい。

あなたの友達や家族、身の回りの人みんなにペットショップで購入するのでは無くて、里親さんになって!とぜひ伝えてください。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

おっと気まずいぞ?!焦った瞬間がリアルな動物たち

驚き

見慣れた猫がとっても小さく感じられてしまう不思議

【最大の癒しを提供する床屋さん】人気を集めたかわいい動物ツイート

感動

保護施設でお迎えを待ち続けた13歳の老猫が、ついに運命の女性に出会い喜びを爆発させた瞬間。

笑い

猫もヒトも同じ!子育てに励む親猫の苦労がひしひしと伝わってくる…

画像まとめ

ワンちゃんがぶるぶるする躍動感あふれる瞬間とは!?

画像まとめ

異なる色の目と、変わった模様。ユニークな見た目の犬

庭でひとりぼっちで見つかった子猫。新しいママと出会いました。

前足の指は多く、後ろ足がない子猫たち。2匹いっしょに保護されました