後ろ足がねじれている子猫。それでも負けずに困難に立ち向かっています。

後ろ足をうまく使えない保護猫。治療を受けながら、他の猫と同じように元気いっぱい遊んでいます。

[2020-10-03]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
先月初旬、小さなタキシードの子猫がカリフォルニアのシェルターに保護されました。

手のひらほどの大きさしかなく、足が捻れていました。

それでもとても大きな声でにゃあにゃあと鳴き、生きたいと主張しているかのようでした。

ロサンゼルスの レスキュー「Alley Cat Rescue」 は、2匹の子猫を保護していたときに、この猫について連絡を受けました。

「足が変形している猫を1匹保護してくれないかと言われました。断るはずがありません。」
とレスキューは言います。


「キャリアの中でこれほど大きな声で鳴いている猫を見たことがありませんでした。その子はとても元気で、良い兆候だと思いました。」
黒と白の毛なので、パンダと名付けられました。

24時間つきっきりで世話をし、体重を増やすためにごはんをあげました。

パンダは喜んで哺乳瓶に吸い付き、粉ミルクをがぶ飲みしました。

「私たちを見ると、のどをゴロゴロ言わせて狂ったように鳴き始めました。食べ物が来るのをわかっていたからです。」
とレスキューは話しています。
パンダは毎日着実に体重を増やし、体力をつけました。

また、ゆっくりと優しく足をマッサージしてもらい、圧力を減らすために靭帯を温めてもらいました。

さらに炎症と痛みを軽減するためにレーザー治療も行いました。

そしてたった1週間で体重が3倍近くに増えました。

「パンダが体重計に乗るたびに、私たちは幸せで踊ってしまいます!毎日足に理学療法を施し、チャレンジすることをあきらめません。」
体力を取り戻したパンダは、部屋の中を歩き回り始めました。

左の後ろ足はまだ治療中でしたが、それでも気にすることなく動いていました。
後ろ足の治療を続けながら、パンダはめいっぱい遊びました。

里親が部屋に来るたびに駆け寄ってあいさつをしたり、おもちゃで遊んだりしました。


「爪とぎやプレイサークルにがんばってよじ登ろうとしています。

大きな世界に出ていく準備ができています。」
体が強くなるにつれて、パンダはより動きやすくなり、やんちゃになりました。

関節を保護するために仮のギプスをはめられました。

「足が完全にねじレていたので、動き回ったり遊んだりする能力が制限されていました。」
とAlley Cat Rescueは共有しています。
「私たちは、パンダの後ろ足を救うためにどんなことでもするつもりです。

三本足でも元気ですが、このように幼い猫の場合は、できれば手術をしない方がいいと思っています。」


足にギプスをはめながらも、他の猫と同じように行動しようとします。
その後、パンダはようやく後ろ足も使って歩き始めました。足を引きずり回る必要はもうありません。

パンダの成長には友達が必要ということで、レスキューはもう1匹の猫・パンサーと会わせることにしました。


2匹はすぐに親友になり、何でもいっしょにするようになりました。
数週間にわたる理学療法の甲斐あって、パンダはソファにもよじ登れるようになりました。

「私たちは左足首の後ろに焦点を当てており、毎週大きな改善が見られます。」
とAlley Cat Rescueがシェアしました。
パンダは今、本来あるべき子猫の姿で、部屋の中でふざけて遊んでいます。

「獣医はその変化に驚いていました。まだ改善すべきことがありますが、パンサーという素晴らしい仲間がいて、いっしょに探検することが良い効果を生んでいます」
とのこと。


足の困難を乗り越え、パンダは成長を続けています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

お互いのそばを離れず、ともに病気を克服した2匹の子猫

感動

かわいさ倍増!!!ウサギがどうしても食べたかったものとは?

画像まとめ

なかなか飼い主が見つからない…最後に残ってしまった犬

驚き

ドタバタコメディみたい♪ 動物カメラマンと動物たちの面白コンビ (25組)

野良の母猫に救われた野生動物ボブキャットの赤ちゃん

【ねこちゃん!気をたしかに!?笑】ネットで盛り上がった動物の画像ツイート

「2日間だけ」の約束で猫を預かった家族だったが…?

笑い

【胸元に注目!】話題を集めたおもしろ動物の画像ツイート28選

笑い

ネットで話題になったおもしろ動物画像