強い絆で結ばれた3匹の子猫たち。数週間待って、夢が叶いました。

モントリオールで保護された妊娠中の野良猫。その後、3匹の元気な赤ちゃん猫が産まれました。

[2020-09-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
今年の夏、痩せた野良猫が食べ物を求めて庭をうろついていました。その家の住人は猫のお腹が大きくなっているのに気づき、妊娠しているのではないかと疑いました。

その後、カナダ・モントリオールで動物レスキュー活動をするステフさんとジョアンネさんがこの猫を保護しました。


まず動物病院で診察を受けた後、彼らは猫を家に連れて帰り、静かで快適な場所で子猫を産めるようにしました。
猫はお腹いっぱいごはんを食べ、部屋の中でリラックスし、ぐっすり眠りにつきました。

ステフさんとジョアンネさんは、猫の出産に備えて交代で世話をしました。

そして数日後、ついに陣痛が始まりました。
猫はまだ若く、難産でした。

それでも世話をしてくれる人たちがいたおかげで、健康な3匹の子猫を無事に出産しました。

子猫はみんな男の子で、リーロ、エリヤ、ジャスパーと名づけられました。

3匹でお互いにくっつき合い、とても満足そうです。
母猫は一生懸命我が子の世話をしました。

3匹は何をするにもいつもいっしょ。

お互いが視界にいないと、不安で鳴いてしまいます。
その後モントリオールのレスキュー『Chatons OrphelinsMontréal』が保護することになりました。


子猫たちを立派に育て上げ、母親業を引退した元野良猫。無事に飼い主が決まったので、まもなく新しい家へ引っ越すそうです。


子猫たちは、里親ボランティアのマリリンさんが世話をすることになりました。

3匹はすぐに新しい住居に慣れ、部屋の隅から隅まで一緒に探検し、まるで自分たちの家かのように行動しています。

「兄弟猫たちは信じられないほど強い絆で結ばれています。彼らはとても仲が良く、何でもいっしょにします」
とレスキューのセリーヌさんは話しています。
リーロは3匹の中で一番おとなしいですが、家の端から端まで走って兄弟たちと競争することもあります。

ジャスパーは愛情深く、大きな音でのどをゴロゴロ鳴らします。人とにゃあにゃあ話すのも大好き。

エリヤはあまえんぼうで、いつも兄弟のそばにいます。
日中は家の中を走り回り、夜になると里親のそばに寄り添う3匹。

キャットタワーに登るのも得意です。

それぞれ独特の個性を持っていて、お互い調和しています。

スタッフは、ぜひ3匹いっしょに引き取ってくれる飼い主が現れてくれることを願っていました。
そして数週間後、ついにリーロ、エリヤ、ジャスパーの夢が叶いました。

ある家族が3匹の子猫たちに恋をし、みんないっしょに引き取ってくれることになったのです。
野良猫だった母猫が救助され、それから産まれた3匹の子猫たちもすくすく成長し、みんな新しい家を見つけることができました。


これからは新しい家族とともに、もっと楽しい生活が待っていることでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

人気を集めた笑える動物画像

画像まとめ

【魅力的なフォルム】小動物の可愛いおしり特集!

【♡】ツイッターで話題になった動物画像

外で救助された小さな猫。助けを求めて必死でにゃあにゃあ鳴いていました。

驚き

インスタで2万人にフォローされているゴールデンドゥードゥルをご紹介!

【ここが私の場所よ♡】最近ネットで話題のかわいい動物ツイート20選

驚き

遠慮するにゃ(ФДФ)!お風呂に入ると別人になっちゃうニャンコたち【20枚】

画像まとめ

ソーセージを使った特製モグラたたき。必死に食らいつこうとした柴犬でしたが…

母犬として世話をした子犬との再会