炎が到着する前に、動物病院のスタッフがペットたちを避難させました。

オレゴンで起こった火災、アルメダ・ファイア。たくさんの家を焼き尽くしてしまいました。

[2020-09-29]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
オレゴン南部を襲ったアルメダ・ファイア(Almeda Fire)。多くの住民が避難する前に急速に火が広がり、家や思い出などを焼き尽くしました。

フェニックス動物病院の経営者、グレン・ウィンターズさんは、火事がアシュランドを通り抜けているというのを初めて聞いたときのことを覚えているそうでうす。その時は、何も心配する必要はないと思っていました。

「アシュランドとタレント地区で火災が発生しているという電話をもらいましたが、数マイル離れたところにあるので大丈夫だと言いました。

しかし日がたつにつれてだんだん慌ただしく電話がかかってきて、どんどん火が近づいてきたので、昼過ぎに避難することにしました。」
アルメダ・ファイアの炎は、最終的にはついに動物病院まできました。数時間のうちに施設全体が破壊されましたが、幸運なことに、すべての動物が無事に脱出できました。

KTVLの報道によると、ウィンターズさんとパートナーは、当局が地元の道路を閉鎖したため病院に到着することができませんでした。そのとき病院のスタッフがクラッチをつないだところでした。

「従業員の一人が38ポンドのカメを家に連れて帰り、もう一人の従業員が提携の救助団体に犬を連れて行きました。そして後に飼い主と再会することができました」とウィンターズさん。
ウィンターズさんも病院に到着し、火災の対策を始めました。

「日が経つにつれてどんどん近づいてきました。最後に出たのは私で、99マイルほど南を見下ろしたとき、20フィートの炎の壁が私たちの方に向かってきているのが見えました!」

すべての動物が無事で、火も消えたので、ウィンターズさんは動物病院を後にしました。

しかし、何十万ドルもの設備や生活物資、在庫が残ったままでした。
炎はほぼすべてを奪っていきました。

「唯一無事だったのは、正面の国旗とフェニックス動物病院の看板だけでした。」とウィンターズさんは話します。

フェニックス動物病院は全壊しましたが、損害は保険でカバーされ、数か月後には再建設されます。

火災で生き残った星条旗は、病院の不屈の証としてこれからも掲げられることでしょう。
ウィンターズさんは、
「私たちを助けるために、地域からたくさんの支援がありました。家を失った人たちも、診療所のことを心配してくれました。

灰を運び出すためにボランティアが来て、再建のために片付けてくれました。人々の親切さには圧倒されました。」
と話しています。


病院が再建されている間、近隣地域の動物診療所が必要な処方薬を提供したり、ペットを診察したりして手助けしているそうです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

疲れも吹き飛ぶ!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

【溢れだすセロトニン】ネットで話題の癒されるどうぶつツイート21選

人気になった笑える動物ツイート21選

最後の誕生日に、3匹の保護猫たちが家にやってきました。

癒やされて笑える!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

最近ツイッターで話題のかわいい動物画像20選

笑い

【モフモフ…!!!】ネットで話題を集めた笑える動物ツイートまとめ

感動

雪の上で凍えているところを1人の男性に救われ、それ以来男性を自分のお父さんだと思い込んでいる子猫のお話。

笑い

人気になった笑える動物画像