犬はダメ!と頑なに拒否していた父親が一転して、まさかこうなるとは

[2020-09-19]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ペットを飼う際に反対はつきもの。
レイチェル・ロドリゲスさんの父親もそうでした。
彼女の父親は猫派で、猫ならいいが犬はダメとのこと。

でも、レイチェルさんは、それくらいで引き下がりませんでした。
何年もの間、犬を飼いたいと言い続けていました。
そして、ついに卒業記念として犬を飼うことを許されたのです。

こちらがオリバー

四季折々の姿

座れれば何でもいいワン

ウインク

まだ寝るには早いワン

かわいいでしょ

外のコンディションが悪くても

おやすみの準備

くるっと巻いてほしいワン

おやすみのキスをするのがルーティンに

オリバーと初めて対面した父親は、一目で虜になってしまいました。
自ら抱っこしながら家の中を歩き回り、誰にも触らせなかったとのこと。
いつしかオリバーの存在は我が子を凌ぐ存在に。
布団にきちんと寝かしつけ、おやすみのキスをするのが日課となっているそうです。

オリバーが腹痛で苦しんでいると、父親は数日間、床で横になりながらお腹をさすっていたことも。
大反対していたのがウソのように、今ではオリバーは父親にとっても不可欠なものとなりました。
こちらのお宅では、猫も2匹飼っていますが、みんなで仲良く暮らしているそうですよ。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

練習と愛猫との触れ合いを両立させるために、バイオリニストが思いついたアイディア

画像まとめ

【「丸っこいフォルム」で人気上昇中】可愛すぎるうさぎさん「卯太郎くん」

画像まとめ

【行かないでぇ~】Twitterで話題!飼い主のお出かけを阻止するワンちゃんたち

画像まとめ

ある日突然家にやってきた1羽のニワトリ。そこに住み着くことに決めたようです。

【お気に入りスポットにゃ!】SNSで話題のお風呂場ネコ画像集

イギリスで最高の軍事的名誉を受賞したヒーロー犬

【ごめん寝協会 会長就任!】SNSで話題の“ごめん寝”姿がキュートな猫ちゃんたち

驚き

あんなことやこんなことまで!?驚きと笑いの小動物部屋んぽ特集!

草の上に横たわっていた小さな猫。見つけてくれた人に迷わず歩み寄って行きました。