ひとりぼっちで見つかった子猫。その後、里親の家で親友と出会いました。

友達を求めていた子猫のもとに、4匹の猫のきょうだいが。そのうちの1匹と、出会ったその日に仲良くなりました。

[2020-09-11]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
カナダ・モントリオールのシェルターが、生まれたばかりの子猫を保護しました。

母親はおらず、ひとりぼっちで発見されたそうです。

その後、レスキューグループ『Chatons Orphelins Montréal』が預かることになりました。

グループのセリーヌ・クロムさんは、
「子猫を引き取り、とにかく体を温めました。目はまだ閉じていて、ガリガリに痩せて骨と皮だけの状態でした」
と振り返ります。

里親ボランティアのミレナさんが子猫を家に連れ帰り、24時間つきっきりの世話を始めました。

子猫は、哺乳瓶に吸いついてごくごくミルクを飲みました。
「生存本能は最初から強かったです。1時間ごとにミルクを欲しがって泣き、心ゆくまで飲みました。それから毎日着実に体重が増えました。」
とのこと。

ルーと名付けられたその子猫は、遊び相手を欲しがっているようでした。

里親の家に住む猫を見るたびに、かまってほしくて近づいて行きました。
その頃、レスキューは4匹の子猫のきょうだいを保護しました。

みんな体調が悪く、多くの健康問題を抱えていて、助からないかもしれないと心配されたほどでした。
しかしやがて抗生物質が効き、自力で栄養をとれるようになりました。


そのうちの1匹・グリオットは、目にひどい感染眼を患っていました。

しかし細心の注意を払ったケアと愛情のおかげで、視力を取り戻し、元気に回復し始めました。
ルーには友達が必要だったので、この子猫のきょうだいたちと対面し、すぐにグリオットと仲良くなりました。


「出会ってから1日も経たないうちに、2匹はお互いをおいかけっこしていました。

それ以来お昼寝をしたり、毛づくろいをしたり、走り回ったり、何でも一緒にするようになりました。」
とセリーヌさんは話します。
ルーは友達ができて大喜び。グリオットのそばから離れようとしません。

初めて会ったその日から、ルートグリオットは親友です。

性格は違いますが、相性は抜群です。
ルーは好奇心旺盛で、家の中を探検し、常に新しい発見に目を光らせています。

抱っこしてほしいときには、里親のうでにとび乗ります。
グリオットはまるでルーのお姉さんのようです。毎日ルーの体をなめてきれいにし、ルーの鳴き声を聞くとすぐに駆けつけます。


グリオットの目には、まだ感染による小さな白い斑点がありますが、ちゃんと見えているので大丈夫。
子猫たちは愛らしい絆で結ばれていて、視界からいなくなると、お互いを探し出そうとします。


ぜひ2匹一緒に引き取ってくれる飼い主を募集中です。
里親の家で運命の出会いを果たしたルーとグリオット。


これからもずっといっしょに暮らせる家が見つかるといいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

まるでぬいぐるみ!ポケットサイズのワンちゃんたち♫

画像まとめ

こんなものも食べるの!?小動物のびっくり可愛いお食事シーン10選!

【変顔マスター】SNSで話題の動物変顔集

【暑いから仕方ないにゃ】Twitterで話題の“落ちてる”ネコ画像集

【もふもふ天国♪】Twitterで話題の動物モフモフ画像集

笑い

【すっぽり!!】SNSで人気のジャストフィットな動物たち

ベッドの上で巧妙に隠れる犬。どこにいるかわかりますか?

画像まとめ

【てへぺろ】ウインクしたりドヤ顔したり…表情豊かな小動物特集!

【箱入り息子】ツイッターで話題の箱入りネコ画像