野生のアザラシが出現。ビーチで人々と触れ合って楽しんでいます。

外出禁止で人がいなくなったビーチに、1頭のアザラシが遊びに来ました。

[2020-09-11]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ある早朝、ウィル・バッドマンさんがイギリス・ドーセット州のウィモウスビーチに車で向かいました。

そこは、2ヶ月前からフレンドリーなアザラシが姿を現す場所だったのです。

アザラシのサミーが初めて浜辺に現れたのは外出禁止の時期で、ほとんどの人が家から出ていないときでした。

若いアザラシが魚を獲ったり、砂の上で休んだりするには完璧な場所のようでした。
その後規制が緩和され、気候が暖かくなるにつれて、ビーチが人で混雑していきました。

そこでサミーは友達を作ろうと決めたようです。
「サミーは突然現れる癖があり、サーフボードやカヤックに乗ったり、泳いでいる人の背中に乗ったりします。」
とバッドマンさんは話しています。


バッドマンさんはサミーに近づきすぎないように、長いレンズを使って撮影していましたが、どうやらサミーはカメラで撮られるのが好きなようです。

かくれんぼをしたり、手を振ったり、にっこり笑ったり。カメラに向かって舌を突き出すことも。
泳ぐのに飽きると、サミーはヒッチハイクしてサーフボードに乗ります。

そうすれば、自力で泳がずとも岸まで連れて行ってもらいます。

サミーは人をこわがることなく、むしろなついています。
今や地元の有名人となったサミーを守るために、ボランティアのグループが結成されました。

若いアザラシは友好的なこともありますが、あくまで野生動物であり、本来ならば触れたり干渉するべきではありません。

人々は遠くから見て、ペットの犬を抑制し、近づかないことを推奨されています。
ボランティアのおかげで、サミーは今でもたまにビーチでの生活を楽しみ、訪れる人々を喜ばせています。

バッドマンさんは、
「英国のこの地域では普通見られないもので、素晴らしかったです。1時間かけて会いに行った価値がありました。」
と話しています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【猫の手をお貸ししましょうか】SNSで話題の邪魔をしたがる猫ちゃんたち

【行かないでぇ~】Twitterで話題!飼い主のお出かけを阻止するワンちゃんたち

【よいしょーーーっ!】SNSで話題の華麗なジャンプを見せる猫ちゃんたち

メインクーンの魅力にハマってしまった人々が撮りためた写真20選

画像まとめ

緑内障を患い眼球を摘出した犬を介助するために、飼われているオコ

【短いでしょ♡】Twitterで話題の短足がチャームポイントの動物たち

救助された母猫と1匹の子猫。その後保護された3匹の子猫も育てました。

笑い

【なんだか似合ってる?】SNSで話題の画像、動画まとめ

妊娠している状態で見つかった、ガリガリに痩せた猫