農場を駆け回っていた3匹の子猫。母猫はいませんでした。

母親のいない3匹の猫を保護。人なつこく、うれしそうにひざの上に飛び乗ってきました。

[2020-09-09]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
2週間前、カナダに住む家族が、農場で3匹の小さな子猫がたむろしているのを見つけました。


シルヴィーさんは、母猫のいない3匹の子猫が走り回っているのを見て、すぐに娘のヴィッキーさんに助けを求めました。

子猫たちは、ヴィッキーさんを見るとすぐに近づいてきてついてまわり始めました。食べ物と関心を求めているかのように、絶え間なくにゃあにゃあと鳴きました。


ヴィッキーさんのひざにうれしそうに飛び乗る3匹。他にも子猫がいないか確かめるために同じ場所を探しましたが、もういないようでした。
母親が帰ってくるのを待ちましたが、何時間たっても来る気配はありませんでした。

そこでヴィッキーさんたち3匹を農場の安全な場所に連れてきました。

生後約3週間とみられ、24時間つきっきりのケアが必要です。ヴィッキーさんは3匹のために仮設の猫小屋を作り、暖かいベッド、毛布、おもちゃを持ってきました。
ヴィッキーさんはこれ以上猫を飼うことはできませんでしたが、この小さな子たちを放っておくことはできず、食事の世話を始めました。

それから数日の間、ヴィッキーさんは子猫用のミルクとキャットフードの缶詰を持って頻繁に農場を訪れ、元気になるよう支えました。

ヴィッキーさんが入ってくると、3匹はすぐにうれしそうに駆け寄ってきます。
お腹がいっぱいになると、3匹はヴィッキーのさんのひざに飛び乗って寄り添います。

その数日後、ヴィッキーさんは子猫たちを家の中に入れ、お風呂で体をきれいに洗いました。

ふわふわのタオルにくるまり、幸せそうです。
子猫たちは、室内での生活にすぐに適応しました。

食事の時間になると、一瞬たりとも待てない食いしんぼう。缶の口が開く音を聞くや否や、ヴィッキーさんの足によじ登ります。


2週間のケアの後、ヴィッキーさんは子猫たちを保護レスキュー『Chatons Orphelins Montréal』に連れて行きました。

そこでは必要な治療を受け、新たな飼い主を探すことができます。


「ヴィッキーは愛情と優しさをもって子猫たちの世話をし、命を救いました」
レスキューのセリン・クロムさんが話します。

子猫たちの体重は順調に増え、500グラムを超えました。
それぞれピローリー、エド、バーブレットと名づけられました。


3匹は何でもいっしょにやっていて、昼寝のときもみんなでベッドの中でくっつきます。
子猫たちは今、里親の家ですくすく成長しています。

快適な部屋の中でVIPな生活を楽しみ、毎日のようにいたずらをして楽しんでいます。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

「かまって〜!」と迫る新入りの小さな猫。最初は拒絶していた家猫でしたが…

シルバーグレイの毛で生まれてきた子猫たち。その後毛色は変わり、かわいく成長♪

笑い

話題になったおもしろ動物画像

【癒やしと笑いがいっぱい】人気の動物系画像ツイート 20選

おもしろからかわいいまで!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

笑い

話題になったかわいいどうぶつ画像まとめ

笑い

どっしりと身構えているニャンコたち

外で救助された後も、ずっと抱き合っているきょうだい猫

笑い

疲れも吹き飛ぶ!ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)