コンチネンタル・ジャイアント・ラビットのココアパフがうっとりすることとは?

[2020-09-14]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ合衆国、シアトルに暮らすコンチネンタル・ジャイアント・ラビット。
「ココアパフ」と名付けられています。
現在2歳で、体重は8㎏くらいとのこと。
見た目は大きいけれど、とっても穏やかな性格です。
もちろん、人懐っこいことでも知られています。

家族写真

秋の気配

せっかく公園へ行ったのに

ママと

プレゼントされたデジタルアート

特別なウサギ

専用シート

完璧なレッグウォーマーと化した

ゆっくりとなでて

耳もマッサージ

優しい時間

とっても大きなウサギですね。
ワンちゃんといってもいいくらいの大きさです。
見ているだけで、とっても癒されますね。
まだまだかわいいシーンはInstagramをご覧ください。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【本当にあった猫怪談】ちょっぴりホラーな猫の画像、動画まとめ

【鼻からぷく~♡】Twitterで人気の鼻ちょうちんを作る動物たち

【哀愁漂う後ろ姿】SNSで話題のどこか哀愁漂う動物たち

【楽園のよう♪】Twitterで話題のラブラブな動物たち

【任せろニャ!!】SNSで話題のテレビに反応するペットたち

驚き

これぞまさしく猫!見れば見るほど猫に見えてくるから不思議

【箱入り息子】ツイッターで話題の箱入りネコ画像

驚き

【猫界のグラビアモデル誕生】佇まいがセクシーすぎる美猫

【眠い…けど食べたい…。】Twitterで人気を集めた眠犬中のわんこたち