毎日必ずお父さんにハグを要求する牛

牛乳を出すことができない牛を保護。体が大きくなっても、まるで赤ちゃんのように甘えています。

[2020-09-03]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ライアン・フィリップスさんと婚約者のマロリー・シャーマンさんが初めて保護した子牛、ジェナ。

当初は、その後とても大きく成長することを予想していませんでした。

スバル・フォレスターの後部座席におさまっていた生後3日の子牛は、それからあっという間に1,000ポンド(約453kg)の健康な牛に成長しました。

それでもまだ幼い子どものように振る舞っていて、毎日パパにハグを要求します。
ライアン・フィリップスさんと婚約者のマロリー・シャーマンさんが初めて保護した子牛、ジェナ。

当初は、その後とても大きく成長することを予想していませんでした。

スバル・フォレスターの後部座席におさまっていた生後3日の子牛は、それからあっという間に1,000ポンド(約453kg)の健康な牛に成長しました。

それでもまだ幼い子どものように振る舞っていて、毎日お父さんにハグを要求します。
ジェナは双子の兄弟とともに生まれ、フリーマーチン(不妊)であることがわかりました。

そのため牛乳を作ることができず、酪農業界では役に立たないということになります。

しかし、『Life With Pigs Farm Animal Sanctuary』の創設者であるフィリップさんは、ジェナも大切であると思っています。

「ジェナの心は豊かで、生き生きとしています。

24時間いっしょに過ごすこともあったので...彼女は自分を人間だと思っていると思います。

ジェナにはしたいことがたくさんあるし、私といればそれが叶うとわかっています。」
ジェナはいつも、人間のパパとママの注意を引こうとします。

「ジェナは家のどの窓からでも私たちを見つけ、抱きしめたりなでたり、庭をいっしょに走ったりするまで、ずっと文句を言い続けます。」
とフィリップさん。
ジェナは、赤ちゃんの頃からフィリップさんとのハグを大切にしてきました。

「最初から、私がジェナを抱きしめてなでている間に、自分の頭を私の足に当てて押し込むことが気に入っていました。

それが彼女のハグの仕方です。時にはこれが20分も続くことがあります。」
たいてい、ジェナは牛の妹のメイジーと一緒にのんびり過ごしています。

とは言え、フィリップさんに甘えることも忘れません。

ジェナは大きな舌でフィリップさんにキスをします。

それは、群れの一員であることを示す大事な行動なのです。
ジェナの要求はたくさんありますが、「愛情が欲しい」ということなので、フィリップさんたちはそれを断ることはありません。

「幸いなことに、彼女はとてもかわいいので、私たちはどんな要求にも必ず屈してしまっています。」
とフィリップさんは話しています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

引っ越していった家族に置き去りにされた猫。発見されたときには妊娠していました。

【オールバック散歩!!】SNSで話題の強風で原形を留めていないワンちゃんたち

【悩み事でも?】SNSで話題の人間みたいなペットの画像まとめ

【鼻からぷく~♡】Twitterで人気の鼻ちょうちんを作る動物たち

【哀愁漂う後ろ姿】SNSで話題のどこか哀愁漂う動物たち

【ダッシュでお出迎え】Twitterで話題の様々な方法で主人の帰りを待つネコたち

【ヒソヒソ】日常の秘密を探るペットたちのツイート集

【モフい!超モフい!】Twitterで人気のモフりたくなる動物たち

【お留守番カメラでペットたちを見てみたら・・・】話題のツイート26選