おやつより猫と居るのが大好きな犬!

Makoはレスキューされたピットブル。 今は新しい家族と幸せに暮らしています。 ところが、彼の行動はなんだか猫っぽいのです。 しかも、彼はおやつより猫と一緒に居るほうが好きみたいなのです。

[2020-09-15]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
犬は社会性のある動物で、群において役割を果たすことに大きな喜びを感じます。

彼らの注意深く観察する習性が、彼らの家族の行動を真似して、習得するのに役立ちます。

ある犬なんて、まるで人間のように腰掛けたりしますし、中にはテレビを見る犬もいます。

ほとんどの犬はソファやベッドで人間に撫でてもらう事が一番大好きなんです。

アニマルシェルターからMakoという犬を譲り受けた家族は、この2歳のピットブルの以前の家族がどのような人たちだったのかなーと想像していました。

Makoはこの年齢の犬にしては異常なことに、一度も吠えません。

更におかしい事に、この子はおやつも好きではありませんでした。

でもMakoは食いしん坊ではあります。

どうやら、ただ単にこの気難し屋の子犬は、おやつより猫と遊ぶことの方が大好きだったようなのです。
しかし、Makoが棚の上に飛びのり、机の上によじ登っていたのを目撃したときに、家族はこの子が前の家で猫と一緒に育ったんだろうと思いました。

Makoはどことなく、猫っぽい犬だったのです。

冷蔵庫の上にどうやって犬が登れたのかな?という疑問の答えは、きっと以前一緒に暮らしていた猫が彼に指導したのでしょう。
Makoは猫たちがカウンターやキャビネットにいると、登って彼らに合流するのです。

彼は常に猫のそばにいたいのです。

部屋の中で人と一緒にいない時は、いつも彼は猫のそばにいます。

Makoは人間の家族のことも大好きなのです。
Makoの新しい家族は

“私達はいつも、私達が彼を選んだのではなく彼が私達を選んだんだ。”

と冗談を言います。

シェルターに行ったとき、最初Makoは背を向けていました。

私達が撫で始めると彼は肩越しに私達の眼をじっと見つめました。

そして、私達はその小さな子犬と恋に落ちてしまったのです。”

大好きな猫と優しい人間の家族に囲まれてMakoは幸せに暮らしています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

小学校の校庭で我が子を守っていた母猫

甘えん坊だからと拒否られた猫

飼い主を見つめるワンコとニャンコ

悪いことをしたとは、まったく思っていないワンコの表情

【猫かぶるのやめました!?】ツイッターで話題を集めたなごむ動物画像まとめ

感動

子猫が生まれる!その時、猫が痛みに耐えながらも向かった先とは・・・。

驚き

まだ誰の目にも触れてはいない!世にも奇妙な猫たち

ガリガリに痩せた164匹もの犬を民家から救出

笑い

【短気で勝気な猫ちゃん】ツイッターで話題の癒される動物画像(22枚)