これまでの生活のほとんどを施設で暮らし、今も新しい家族を待ち続ける犬

7年間救助施設で過ごしてきた保護犬。とても可愛くて遊び好きな性格で、スタッフは早く理想の家族が見つかるよう願っています。

[2020-08-28]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ルプンザルは子犬の頃、空き家で発見されました。

その後レスキュー『Dogtoli Dogs Rescue Inc』に引き取られ、すぐに飼い主の募集が始まりました。

まだ子犬だったので、簡単に新しい家族が決まると思われていました。

しかし、残念ながらそれは7年前のこと。ルプンザルはまだ新しい家族を探しています。
ルプンザルは、人生のほとんどを救助施設で過ごしてきました。

なぜ飼い主が決まらないのかはわかりません。

ルプンザルはとても可愛く、遊ぶのが好きで、きっとぴったりな家族がどこかにいるはずなのです。
「ルプンザルは賢く、意志が強く、従順で、愛情深く、優しく、エネルギッシュな犬です。」
と、Dogtoli Dogs Rescue Inc.のミシェル・ベノイトさんは言います。

「水泳、キャッチボール、学習すること、抱き合うこと、フリスビー、ランニング、プールへお腹から飛び込むこと、ダンス、服を着ることなどが大好きです。」
ルプンザルは、撮影のモデルをしたりポーズをとるのも好きです。

かわいい衣装を身に着けて、自分がどれだけかわいいのかをアピールしたいのです。

ルプンザルの性格は愛にあふれていて、スタッフは彼女に合っている家をなんとしても見つけたいと思っています。

「唯一のペットになれる家を見つけるのはとても難しいです。今まで何度も成功してきましたが、ルプンザルは私たちの施設で長期間過ごしている犬のうちの1匹です。」
とベノイトさんは話します。
ルプンザルが求める家は、自分がその家の唯一の犬であり、さらに理想的としては唯一のペットである家です。

また、庭があって、いつでも好きなときに走り回ったり遊んだりできる家が一番です。

家族が愛情を注いでくれれば、ルプンザルはすぐにでも愛情を返します。

「彼女を愛し、彼女と遊び続けることができ、彼女が遊びたいと思う数多くのおもちゃや骨を家の中に置くことができる家が理想です。」
とベノイトさん。
Dogtoli Dogs Rescue Incのスタッフはみんなルプンザルが大好きで、いつか素晴らしい家に迎えられる日を心待ちにしています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

驚き

初めて猫を飼った男性が、その猫を被写体に!その存在感が圧倒的だった

画像まとめ

【美女とワンコ】片時もそばを離れないドーベルマンと女の子が微笑ましい!

猫を飼うために、パワーポイントを使って父親にプレゼンした娘

思わず冷や汗が…? 言い訳したくなっちゃうジト目のニャンコたち 19枚

ネットで人気になったどうぶつ画像22選

猫専用に作られた小さなテントが話題に。

感動

食肉処理工場から奇跡的に救出された犬、足先をすべて失いながらも懸命に生きる!

驚き

丸い目と細い目のイヌとネコ20選!魅力的に感じるイヌやネコは?あなたはどっち派?

驚き

耳が欠損したまま生まれてきたミミ