仔猫を亡くし失意の中で、母猫が母性を全開にして発揮したワケとは?

[2020-08-28]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
アメリカ合衆国、ネバダ州・ラスベガスで動物虐待防止協会のボランティアをしている、キャシー・スタンキヴィッチさん。

今年6月、協会に運ばれて来た身重の猫、ミスティーの仮里親となり、自宅で預かることになりました。
それから間もなく、仔猫が数匹誕生。

しかし、母猫は上気道感染症に罹り、仔猫も肺炎を患ってしまいました。

病院で懸命な治療が行われ、ミスティーは回復しました。
が、仔猫たちは命を落としてしまったそうです。

失意の中にいるミスティーを元気付けようと、協会を訪れました。
そして、孤児の仔猫(オス)を連れ帰ったのです。

その仔猫は、とても小さく体重は85グラムほど。

仔猫が鳴き声を上げていると、ミスティーはすぐに駆け寄って来ました。
傍へ来ると、仔猫のお世話を始めたのです。

深い悲しみを追ったミスティー

連れ帰った仔猫に興味を示す

おっぱいを求める仔猫

けっして目を離さない

後ろ脚を枕にして寝る仔猫

ホントの親子みたい

しっかりとお世話に励む

リラックスするサニー

サニーの笑顔

生後4週目を迎えたサニー

キャシーさんは両者の関係をこう振り返ります。
「我が子を亡くし、暗く悲しい時間を過ごしていたミスティーにとって、仔猫は光そのもの。ですから、その意味を込めてサニーと名付けました」

キャシーとサニー(仔猫)は、切っても切れない関係となりました。
まるでホンモノの親子のようにいつも一緒です。
子育てに熱中するあまりエサを食べるのも忘れることも。
そんな時は、キャシーさんが水とエサを運ぶそうです。

ミスティーのお世話のおかげで、1週間後、サニーは150グラムになりました。
もちろん、現在進行形ですくすくと成長しています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

練習と愛猫との触れ合いを両立させるために、バイオリニストが思いついたアイディア

住宅地の屋外で暮らしてきた妊娠中の猫。子供を産むと、ストレスを抱えてしまい…

【隙間が大好きニャ…】Twitterで話題の様々な隙間に収まるネコたち

画像まとめ

散歩中に出会うすべての犬に抱きつくコーギー

【よっこらしょ!】ツイッターで人気のおんぶ大好き「おんぶ犬」特集♪

【ごめん寝協会 会長就任!】SNSで話題の“ごめん寝”姿がキュートな猫ちゃんたち

【寝たもん勝ちニャ♪】飼い主のベットを占領する猫ちゃんたち

画像まとめ

【撫でてーーー!】SNSで話題の撫でてアピールがものすごいワンちゃんたち

【梨より箱】秋を感じるまったりとした犬猫の画像まとめ