自分の家族を見つけた子猫♪

駐車場で発見された子猫は、引き取ってくれた家族と一緒にいることを強く望みました♪

[2020-07-27]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
先月、カリフォルニア州サクラメントで活動しているフォースターボランティアのサムさんは、駐車場で発見された子猫についてのFacebookの投稿を目にしました。

そこで仕事をしている若い女性は、駐車されている車の下にオレンジ色のものが見えて調べてみたそう。
すると、そこには子猫が隠れていたのです。退避しようとしていた子猫を幸いにもその女性がすくいあげることができました。子猫は骨と皮だけの痩せ細く、体はノミだらけだったと言います。

サムさんはすぐにその投稿に反応して、子猫を引き取って里親を探すことにしたのです。今年はどこのシェルターも閉まってしまい、今年は厳しい年と語るサムさん。

幸いにもサムさんはインスタグラムでコミュニティを開いているため、そこを通してサムさん自身で動物たちの手助けをしているとのこと。
猫や子猫が大好きなサムさんの愛犬、オークリーは、子猫の引き取りの際も一緒だったそう。そして駐車場を見て回ったそうですが、他の子猫母猫は見当たらなかったそうです。

最初はシャーシャーと威嚇していたものの、安全だと分かると、すぐに落ち着いたとのこと。そして食べ物の匂いに気がつくと、子猫はすぐにお皿に食いつきました。
そしてお腹がいっぱいになると、遊びたがって甘えてきた子猫。ウィルダーと名付けられた彼は、体も綺麗に洗ってもらい、ノミも除去しました。

居心地よくなって、嬉しそうに喉をゴロゴロさせてた子猫。サムさんの家の先住犬や先住猫たちも、そんな新参者のウィルダーに興味深々でドア越しで辛抱強く様子を見ていたそうです♪
ドア下の隙間からお互いの匂いを嗅いで、他にお友達がいることを知ってとっても嬉しそうにしたそう。じっとしていられなくなったウィルダーは、1日目で部屋から出る方法を見つけ、他の子たちと遊ぼうとしたそうですよ。

当初は里親が見つかるまでウィルダーをフォースターすると考えていたサムさんですが、どうやらウィルダーは違ったようです。
彼は先住猫の後をついて、彼らの尻尾で遊んだり、チャンスが有れば遊び相手にしてもらおうとするウィルダー。

そんな彼を先住猫のブルーとエバレットが自分の保護下に置いたのです。そして彼らはウィルダーに、猫としての振る舞いを教えたのです。そして数日かかったものの、ウィルダーはオークリーにも懐きました。
ウィルダーは、去年亡くなった一家の愛猫、アトラスを思い出すと言います。元気いっぱいで冒険好きの勇敢な彼は、アトラスそっくりだそう。

そしてもう彼を手放せないとことに気がついたサムさん。フォースターの目標は動物たちの命を助けて、里親を見つけることですが、ときに家族になる運命の子もいると語るサムさん。
ウィルダーは家族とオークリーと一緒に散歩に行くのも大好きです。いつも皆のそばにぴったりとくっついているウィルダー。
ウィルダーはとっても幸せな家族を見つけましたね♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

猫を飼っていない一人の男性。ある日帰宅すると椅子に座った猫が出迎えてくれました。

笑い

疲れも吹き飛ぶ!ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

【キリッからのキョトン顔(笑)】ネットで人気を集めた動物おもしろツイート25選

感動

「その手があったか!」居場所のなかった野良猫が画期的なアイデアのおかげで幸せを見つける♪

【百面相】にゃんこの色んな表情が見てみたい!

街をさまよっていた犬。発見した人を連れて、アパートのドア前まで歩いていきました。

驚き

刑事さんですか? 絶対に自分のことを人間だと思っている動物たち【30枚】

警察官に保護された子猫

笑い

【いってきまー・・・】人気になったおもしろ動物画像(24枚)