小さな子猫を連れて、往復300km以上もの道のりを連れ回した飼い主一家

33度を超えるほど暑かった日、家族は子猫をビーチに連れてきてしまいました 。

[2020-07-18]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
33度を超える猛暑日に、イギリスのビーチで小さな子猫が見つかりました。
飼い主一家は、この暑い中、家から150km以上も離れたビーチに子猫を連れてきたのです。

通報を受けたレスキュー『RSPCA』のスタッフが理由を聞くと、「子供たちが子猫を家に置いていくのが嫌だと言ったから」とのことでした。



その日、ビーチはこのとおり、とんでもない混雑ぶりでした。
人混みの中、マナーの悪い人も多く、ゴミのポイ捨てや違法駐車が多発していたそうです。


約33トンのゴミも捨てられ、何百個ものペットボトル、缶、キャリーバッグ、衣類が砂の上に転がっていました。
レジャーに出かけるときはマナーを守り、ペットのために天候も考慮に入れなければなりません。

周りの人や愛犬・愛猫に気を使いながら夏を楽しみましょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【本当にあった猫怪談】ちょっぴりホラーな猫の画像、動画まとめ

笑い

【ぬいぐるみへの反応は?】ペットたちの反応がかわいい画像、動画まとめ

笑い

殺される運命だった不妊の乳牛。今ではハグを毎朝せがむ甘えん坊に!

アパートの外で見つかった母猫とその子猫たち

玄関ポーチで倒れ込んで昼寝していた犬。助けを待っていました。

小人症を患う子猫。小さくても、きょうだい猫と同じように遊びます。

驚き

【嘘でしょ!?】個性的な寝方をするネコたち

【表情が堪らない…】SNSで話題のかわいいネコ画像

【ママにべったり~♡】SNSで人気!!様々な動物の親子画像集