路上で見つかったタキシード柄の小さな猫。念願の友達を手に入れました。

猫コロニーで見つかった子猫。ひとりでいるのが嫌で、そんな様子を見た里親が友達を連れてきてくれました。

[2020-07-10]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
タキシード柄の猫、リプリー。

ロサンゼルスの猫コロニーで発見されました。他の兄弟猫はみんな死んでしまっていたそうです。

リプリーもとても弱っていましたが、にゃあにゃあと必死で鳴いて助けを求めていました。


里親ボランティア活動をしているアシュリー・ケリーさんは、この猫のことを知り、すぐに援助を申し出ました。


そのときリプリーは脱水状態で、自分でミルクを飲むこともできませんでした。

そこでアシュリーさんがチューブで栄養を与え、一晩中看病しました。


その甲斐あって、次の日にはなんとか元気を取り戻しました。
食欲が順調に増していき、ミルクをごくごく飲むように。


授乳後は、アシュリーさんの腕の中ですやすや。
リプリーは生後5週でしたが、大きさは3週半程度でした。


いっしょに遊ぶ友達が欲しそうにしていたので、アシュリーさんは別の保護猫も預かることにしました。
新たにやってきたのが、こちらの小さなタビー。ひとりぼっちで木から見つかりました。


ピカチュウと名付けられた猫は、まず治療を受け、4日後には元気になりました。
ピカチュウは人なつこく、顔やお腹をかいてもらうのが大好き。


そして、リプリーに会う準備が整いました。
遊び相手ができたリプリーは、もう大喜び!


ピカチュウの方は最初はちょっと戸惑っていましたが、そのうち心を開くようになりました。
大きさも年齢もほとんど一緒の2匹。


やっぱり気が合うようです。
追いかけっこしたり、しっぽをつついたり、小さなボールで遊んだり。


常に一緒に遊んでいます。
毎朝、リプリーはごはんを求めて走ってきて、ピカチュウもそれに続きます。


ごはんが出てくるまで、にゃあにゃあ鳴いて訴える2匹。
いつも最初にリプリーが新しいおもちゃを見つけ、親友に見せに行きます。


とっても楽しそう♪
リプリーもピカチュウも、新しい飼い主を探す準備が整いました。


優しい家族が見つかるといいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【仕事するにゃ!!】SNSで話題の仕事を邪魔してくるペットたち

画像まとめ

熊にもお父さんの怒鳴り声が効くの!?

【哀愁漂う後ろ姿】SNSで話題のどこか哀愁漂う動物たち

驚き

元保護猫、パーマストン!英国メディアで大々的に報道された、そのワケは?

【華麗なポージングが話題】溢れる臨場感!可愛すぎるハチワレ猫たち

画像まとめ

忠誠心をもつ犬。ドアの前でお父さんの帰りを一晩中待っていました。

感動

人生の光が消え去ってしまった、飼い主が思い出を振り返る

驚き

これぞまさしく猫!見れば見るほど猫に見えてくるから不思議

驚き

【わがままボディ】打ち上げられたアザラシみたいな猫