自転車で旅をしていた男性が遭遇した仔猫が、その後の運命を大きく変えたストーリー

[2020-07-06]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
英国・スコットランド、ダンバー出身のディーン・ニコルさん。
彼は、2018年9月から自電車で世界中を旅しているとのこと。
この旅の目標は、欧州の各都市を横断してアジアへ到達することです。

ボスニアを旅していた12月、1匹の仔猫と遭遇。
ディーンさんが丘の上を通っていると、鳴き声が聞こえたたため近寄ってみました。
すると1匹の仔猫がディーンさんを見つめていたのです。
どうも仔猫は、元は飼い猫で、飢えて助けを求めていたとのこと。

これまでに何度も野良猫を助けたことがある、ディーンさん。
すぐに食べ物を与えて、30分くらいを一緒に過ごしました。
その場を立ち去ろうとした時、後を追ってきた仔猫。
この時、仔猫にナーラと名前を付け、一緒に旅することにしたそうです。

モンテネグロで遭遇した仔猫

アテネへ向け出発

15ヶ国目、ナーラにとっては7ヶ国目

昼間は仔猫を守り、夜は守ってもらう

テントを張ろうとしたところにラットが多かったため、ナーラが示したところへ

カヤックの上で

行く先々で快く歓迎された

ハンモックに揺られながら平穏な夜を過ごす

こうすれば、あったかい

スロバキア入り:ディーンさんにとっては19ヶ国目、ナーラにとっては11ヶ国目

今日は動物病院で治療の日

大好き

英国と米国で9月29日に発売される、ナーラとの出合いから旅の様子を綴った本

ウィーンに到着

当初はディーンさんの肩の上でよかったものの、成長とともに自転車のかごの中へ。
ナーラと旅をしていく中で、ディーンさんの意識も変わっていきました。
アジアへ到達することをメインに据えていましたが、訪れた国々でゆったり過ごすのもいいと語る、ディーンさん。
これまで一緒に訪れた国は、モンテネグロ、アルバニア、ギリシャ、トルコ、ジョージアなど。

気になることが1つだけありました。
それは、ナーラの咳です。
そこで、SNSから治療費の寄付を募りました。
幸いなことに2019年だけで治療費を上回る、約1,300万円という寄付が寄せられたとのこと。
治療費を差し引いた残りは、世界中のチャリティ団体へと寄付することに決めたそうです。

これからの旅が気になるところですが、ディーンさんはヨーロッパの旅を続けるとのこと。
それから後は、アジアへ行くか、アメリカへ渡るかは決めていないそうです。
ナーラの健康状態を見ながら、決めていくとのこと。

なお、9月29日に、ナーラとの旅の思い出を綴った本が英国と米国で出版されます。
その後、翻訳して他の国々でも出版されるとのこと。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

笑い

【猫かぶるタヌキ】人気を集めたかわいい動物画像(21枚)

【あざとい!!】ネットで話題を集めた笑える動物ツイート23選

「ご主人が扉を開けた瞬間に脱走にゃ!」「そうはさせないにゃ!」

画像まとめ

【かわいい!!百億万点!!!】Twitterで話題になったわんこのかわいい瞬間

画像まとめ

人生の最高の瞬間を愛犬とともに過ごした飼い主たち

笑い

【ソースほしいです】人気を集めた和む動物画像

【猫忘れてますよ】ネットで話題のおもしろ動物ツイート22選

笑い

【なにかいるにゃん?】話題になった動物ツイートまとめ

【そんな顔で見つめないでー!!】話題になったおもしろ動物画像22選