ぽっちゃりした豚さんが見つけた親友はまさかのニワトリ!?

[2020-05-27]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
豚のArnoldはちょうど7歳、他の多くのペットの豚と同じように彼は激動の人生(豚生?)を送っていました。

“Arnoldはここに来る前に3回も家を変わっていたのです。”

と、Cottontail Cottage Animal Sanctuary のエグゼクティブディレクターであるNicholsさんは言います。

ペットの豚はしばしば捨てられてしまったり、ネグレクトの被害にあいます。

彼らがとても賢くてたくさんの時間や関心を求めてくるので飼い切れなくなってしまう人が多いのです。

豚のArnold

ニワトリのSammieを背中に乗っけています。

Arnoldの場合、ニワトリのSammieとの出会いのおかげで幸せに暮らせています。

ArnoldとSammieは今の家で出会い、友情を育みました。

Arnoldは眼がよく見えないので、Sammieが彼を安心させています。

SammieはArnoldの背中にちょこんと乗りますが、この仕草はただ可愛いだけではなくてこの二匹が絆を感じるひとつの方法なのです。

2人の絆が感じられる一枚♪

Arnoldの現在の家族は彼をこれ以上飼う事は無理だと考えていたのです。

その為、Nicholsさんはこの二匹と関わるようになったのです。

“私たちは彼らの飼い主からこの二匹を持ち込むことができるかという問い合わせを受けていました。私たちは受け入れることができると伝えましたが、まず最初に彼らの小屋を建てなくてはなりませんでした。”

と、Nicholsさんは説明しています。

その種を越えた友情に感激して、Nicholsさんはすぐに恋に落ちてしまいました。

この写真を見た時キュン死しそうだったとNicholsさんは語ります(笑)

彼らは、一緒にお出かけして、寝る時でさえずっと一緒なのです。

まぎれもなく、彼らは大親友なのです!

すやすやと眠るArnold

この二匹を引き取ると決めてから、Nicholsさんは出来る限り早く彼らに安定した生活を送ってもらう為に小屋を作るためのキャンペーンを始めました。


Arnoldが、彼と彼の友人に何かワクワクする事が起こりかけている事に気付いていたかどうかはわかりませんが、彼は明らかに微笑んでいるように見えます。

これは…笑ってますよね!?

Cottontail Cottage Animal Sanctuary で働く人々の愛情と努力によって資金集めはすすめられ、たった二ヶ月で彼らの小屋の建築資金は集まりました。

“彼らは互いに強い愛情で結ばれているので一緒にここにくる必要があります。”とNicholsさんは言っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【雨宿りする猫】Twitterで話題の偶然の瞬間が面白かった画像まとめ

画像まとめ

散歩するたび、必ず友達にあいさつしたがる犬

画像まとめ

野良犬と遭遇した街路清掃人。少し仕事を休み、犬の相手をすることにしました。

15歳の高齢猫。助けを求めて近所の人の家にやってきました。

テラスで見つかった野良猫と生まれたての子猫たち

【大体同じに見えてくる】Twitterで話題の画像、動画まとめ

ベビーモニターをチェックすると、幼い赤ちゃんを見守る愛犬が映っていました。

ピカチュウ?!白癬の治療でターメリックトリートメントを受けた猫

最近SNSで話題になった動物画像