親切な人達に助けられた瀕死の保護犬…愛が起こした奇跡の大変身!!

[2020-05-14]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
Laurenさんは彼女の犬であるBrooksを救助した事がきっかけで、保護動物の一時預かりボランティアをしていました。

Brooksは、たくさんの動物が保護されていたアラバマの動物保護施設で安楽死リストに載っていました。

しかし、LaurenさんはBrooksに出会った瞬間に「この子がいない人生なんて考えられない」と思ったそうです。

それからの全ての経験が、彼女に大切なことを気づかせてくれたのです。

悲惨な未来に直面している多くの犬たちが、この世界の誰かと完璧な絆を結べる可能性がある。
ただ、そのチャンスさえ与えられさえすれば…。


そして、それから4年間、Laurenさんは休むことなく助けを求める動物たちに愛を注ぎ続けたのです。

かわいそうな仔犬はLaineyと名付けられました。

クリスマスイブの日に親切な人々に発見されました。
最初に、Laurenさんがその子の写真を見たのはクリスマスイブで、フェイスブックの投稿でした。

その子と兄弟犬の写真を見た時に、助けてあげられるかLaurenさんには全く確診が持てなかったそうです。

しかし、彼らを見つけた親切な人はそのかわいそうな犬たちを引き取ることは出来ないとのことだったので、私たちが何かしてあげなくては!とLaurenさんは思ったそうです。


保護された犬はLaineyと名づけられました。

Laineyはニキビダニ症とそれに起因した二次感染でひどい皮膚炎を患っていて、何ヶ月もLaineyは積極的な治療をしなければならない状態でした。

しかし、Laineyは親切な人々の愛情とケアにより、この重篤な病気に打ち勝つことがことが出来たのです…!

少しずつ回復してきました!

最初の状況は本当ひどくて、最初に救助に関わった人たちによると悪臭を放ち、全身から出血をしていて彼女がいたソファーはあらゆる所に血がついていたということです。

保護先でゆっくり眠るLainey

獣医師の診察でニキビダニ症とそれに起因した二次感染だという事がわかりました。
Laineyが感染していた病気は、ニキビダニ症という感染症でした。

原因は、イヌニキビダニと呼ばれる葉巻のような形をした細長いダニです。

このダニは正常な犬の皮膚にも住んでいて、通常は悪さをしませんし、人間にも伝染しません。

母犬から仔犬には、生後数日を過ぎた頃に伝染します。そしてニキビダニは毛穴の奥深くに潜り込んで、そこに生息します。


通常は免疫システムがニキビダニの数をコントロールしていますが、免疫力が弱ってしまうと、ニキビダニの数はどんどん増えてしまいます。

そして体の多くの場所に症状がでてしまうと、一般的にニキビダニ症と呼ばれる状態になります。


この感染症はとても深刻で、もし適切な治療を施されなければ、命を脅かすことさえあるのです。

くつろいでいるようで可愛らしいですね!

もし、適切な治療が施されなければLaineyは悲しい最期を迎えていたかもしれません…
Laurenさんはこの小さな保護犬に彼女の持てる限りの力を注いで、回復の為のベストな環境を作り上げたといいます。

“Laineyは4ヶ月間、毎日抗生剤とイベルメクチン(ニキビダニの駆虫薬)を飲んでいたんです。更に、私たちは彼女の皮膚の為に、フードにココナッツオイルを加えていました。加えて、1週間に2回薬浴をし、ストレスでニキビダニ症はひどくなってしまうので、できる限り彼女にストレスを与えないように細心の注意を払いました。”とLaurenさんは言います。

だいぶ皮膚の状態も改善してきています!

Laineyはもう一人じゃありません。みんなでこの病気と闘っていくのです!
次第に、Laineyは良くなりLaurenさんの友人が彼女の里親になってくれることが決まりました。

実は彼女、Laurenさんの最初の犬を安楽死から救ってくれた人だったのです。

“運命だと思ったわ。彼女と彼女の夫は信じられないくらい親切な人、彼らは一目でLaineyに夢中になったの。Laineyにとって彼ら以上の家族はいないわ。”とLaurenさんは言います。

みんなの愛情を受けて少しずつ本当の姿を取り戻していくLainey

更に良くなったLainey

いい表情をしていますね!

少しずつ毛も生えてきました!

たくさんの人の愛を受けて少しずつ元の姿を取り戻してきたLainey

お散歩に行くのかな?

ピンクのハーネスが似合っています!

うさぎさんのカチューシャをつけてパチリ♪

すっかり大変身したLainey!とても可愛らしい姿です♪
Laineyを最初に保護した人は、Laineyの為に動いてくれたBrown Dog Coalitionという動物レスキュー団体にお礼を言いたいと話しています。

“彼らは私の電話に答えてくれて、クリスマスイブに彼女を連れて行ったときに彼女の検査もしてくれました。彼らは治療の必要な数え切れないほど多くの犬を救っています。この偉業は彼ら無しでは決して成し得ないでしょう。”

みんなの努力で元の姿を取り戻す事のできたLainey

この記事を見た多くの人たちからは、再び愛くるしい姿を取り戻すことのできたLaineyへの喜びの声と、彼女の為に尽力した人々への称賛の声が寄せられています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【ゴミ袋の神様?】人気になったほっこりする動物ツイート

画像まとめ

実家に飛んで帰った女性が抱えていた問題とは…

笑い

究極癒やしをあなたへ!面白くてカワイイ動物たちの厳選ツイート 30選

麻痺を起こしている犬がゴミ箱付近に捨てられていた。ようやく救助されると…

思わず声を上げて笑い出すニャンコたちの迷シーン

【わしゃ………なんで…なんでこがな目に遭わにゃ………いかんのじゃ】ツイッターで人気になったなごむ動物画像21選

最近ネットで人気を集めた動物ツイートまとめ

驚き

【たくまし過ぎる】生きる為に"二足歩行"を習得した二本足の猫「ロケット」のお話。

山火事から生き残った動物を救え!