首輪に付けられたメモを読んで涙した男性に、拾われた犬の話

[2020-04-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
男性は、あるメモに涙を流しました。
道路を走っている犬の首に付けられていたメモに。
そのメモには、飼い主の女性が世話をしていくことができない事情が記されていました。

男性は、マレーシアで暮らしています。
車のクラクションが鳴るのを耳にした時、食料品店から戻ってきていました。
見渡すと、恐る恐るあてもなく歩いている犬を目にしました。
男性は、車に乗ると、その犬を追いました。
首輪に付けられたメモを目にした時、その事実を信じることができなかったそうです。

道路をさまよい歩いていた犬

ゴムで結わえ付けられていたメモ

メモの内容

こんにちは。
私の名前はシギー。
最も犬を愛する思慮深い犬です。
私の飼い主はやむを得ず、私をここに置き去りにしなければなりません。
でも、お世話をすることができなくなったのです。
私はとても残念に思っています、彼も同じ気持ちだと。

どうか私をあなたの家へ連れて行ってください。
そして、あなたの家族の一員として迎えてください。
私を愛してください。

私は、今年で5歳になるゴールデン・ドゥードルです。
去勢手術を受けています。
私はとても穏やかで、これまで誰も噛んだことはありません。
1日中ドアの前に座り、賢い番犬となるでしょう。
あなたが止めろと言うまで、訪問客には誰でも吠えますよ。
あるいは、よく知っている人物であれば、すぐに吠えるのをやめます。
いくつか技を披露することも可能です。

私を受け入れてくれてほしいと思います。

大丈夫と判断した男性

最初は戸惑いを隠せなかった

出合いを振り返って語る男性

様々な気持ちを体験しました。
が、未来を予知することはありません。
通過する車両の中で視力もよくありませんでした。
しかし、心にある思いがよぎった時、決めていました。
その犬は私の車に乗り込もうとしていました。
私の行いや行き先を知っていたからではなく、一歩踏み出す前に、すべてを決める必要がないことを知っていたからです。

それから犬を自宅へ連れ帰り、お世話をしました。
犬は階下のベッドの気持ちいい場所にいます。

1時間で生まれた信頼:だんだんと男性に馴れていった

温水でシャンプーをし、ブローをしてもらった

男性の周りが心地よいと認識するようになっていった

切実なる願い

予期せぬことは誰にでも起こり得ます。
が、絶対に以下のことをしないでください。
ペットを路上に捨てたり、放置したりしないでください。

必要であれば助けを求めてほしいのです。
必死になって声をあげ、できればインターネットを使い、友だちに電話してください。

車の座席が心地いいみたい

外出自粛の後で引っ越しの予定

シギーは、発見した男性の兄の家で暮らすことに決まりました。
外出自粛制限が解除されるまで、この男性との生活になるようです。
おそらく、この男性にとって、シギーとの思い出はたくさんあるはず。
ちょっぴり別れが惜しい気持ちもあり、嬉しくもあり、心中は複雑でしょうね。
末永く幸せに暮らしていくことができるでしょう。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【ドヤァ…】SNSで話題の動物ドヤ顔画像集

【ぬいぐるみへの反応は?】ペットたちの反応がかわいい画像、動画まとめ

驚き

仔猫を保護したのは、プロの楽器奏者!いつしかバイオリンの虜に

画像まとめ

ケガをした鳥をママのところへ連れて来た犬。心配そうに見つめ…

【鼻からぷく~♡】Twitterで人気の鼻ちょうちんを作る動物たち

【そんな座り方できるの…?】SNSで話題の人間味ある座り方をした動物たち

面会に来た男性に抱きついて甘えた保護猫

【ベランダに落ちてた】Twitterで話題の心安らぐ三毛猫画像集

【もふもふ天国♪】Twitterで話題の動物モフモフ画像集