迷い犬の首輪についていたメモ…その衝撃的な内容に涙する

[2020-04-24]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
先月、ライオネルさんが食料品店で買い物をしていた時、けたたましい車のクラクションが鳴り響きました。

何があったのかと振り返ると、怯えた小さな犬が混乱して混雑した道路をさまよっているのが見えました。ライオネルさんは車に飛び乗り、通りを下って犬を追い始めました。

その犬は自分が何をしているのか、どこに向かっているのか全く分からないようでした。

ライオネルさんは犬が対向車線に進路を変更するたびに息を止め、やっと車を止められるほど犬に近づき、犬に向かって腕を開くともじゃもじゃの犬は伸ばされた腕に気づき、ゆっくりと道の真ん中を歩いてきました。

犬に近づくと、ライオネルさんは犬の首についた、ぐしゃぐしゃになったメモに気がつきました。

シギーと首のメモ

この小さな犬を心配して探している家族の連絡先だと良いなと思ったのですが・・・、手紙を読んだ時のライオネルさんの心は沈み、涙を流しました。

「私の名前はシギー」と始まるメモには、「私はとても素晴らしく、良い番犬だけど、飼い主はもう私の面倒を見ることができないの」と書かれており、彼女を放棄したとありました・・・。

首のメモ

ライオネルさんは小さなシギーを抱き上げ、自宅に連れて帰りました。

「シギーは私が今まで見た中で最も穏やかで愛情のある小さな犬だった」とライオネルさんは語っています。


シギーは初日の暖かいシャワーの後から、安全な家にいられることにこれ以上ないくらいの感謝を示し、どれだけ幸せかを毎日ライオネルさんに示すようになりました。

家でくつろぐシギー

ライオネルさんはシギーを守りたいと思っているのですが、シギーと彼の救助犬のサンモはうまくいっていません。

ですが幸いなことに、「マレーシアでのコロナの行動規制が解除されれば、すぐに私の兄はシギーを受け入れてくれるだろう」と語っています。


ライオネルさんは、このストーリーが「新しい家族を見つける準備ができている多くの動物保護施設やレスキューグループがある中で、“ペットを捨てる”ことは決して選択肢の一つではない」ということを人々に思い出させてくれることを願っています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

公園で見つけた亀裂の入ったアヒルの卵を孵化させようとした、ある女性の決意

笑い

【優秀すぎる甲斐犬♪】人気を集めた癒される動物ツイート

驚き

声はするのに姿が見えない飼い主に、愛犬と愛猫たちのリアクションは…

笑い

ツイッターで話題のかわいい動物画像

感動

知人の家で出産をした猫が幸せを手に入れるまで…

笑い

いつもお世話になっている御礼に、愛猫や愛犬がくれたものとは…

笑い

安定の笑いを提供してくれるワンコとニャンコたち

笑い

【二度見してしまった・・】最近人気を集めたなごむ動物画像

笑い

【「やべっ、ヒトきた! これで凌ごう…」】最近ツイッターで話題になった動物画像