お祈り用の小さなラグを手に入れた猫

いつもは1日数回モスクに出かけるお父さんですが、今の時期は家でお祈りを行うことに。すると、飼い猫も参加したがるようになりました。

[2020-04-20]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
生後数ヶ月の子猫の頃に救出されたトーフ。今は飼い主のモハマド・ファーミさんのもとで暮らしています。


ファーミさん以外の家族はあまり動物が好きではないため、最初は反対されたそうですが、今ではトーフは一家にとってなくてはならない存在です。
トーフはとても好奇心が強く、いつも自分の周りで起きていることに関わりたがります。家族全員のことが大好きで、何をするときでもそばにいたいのです。


通常、ファーミさんの父親は1日5回モスクを訪れますが、最近ではコロナウイルスの大流行のため、家で祈りを行っています。


トーフは、そんなお父さんといっしょに祈りを捧げるようになりました。
お祈り用の専用のカーペットを用意してもらい、上機嫌。


家族のものよりちょっと小さいサイズです。
みんなで集まって祈りを捧げる時間が大好きなトーフ。


家族がずっと家にいてくれる今のような状況は、トーフにとっては幸せなのかもしれません。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

勝手に字幕つけちゃいました!癒し&おもしろ小動物特集10選

道端で見つけたもじゃもじゃ毛の猫。男性に気づくと、走って近づいてきて…

驚き

家族の団欒の輪の中に入りたくて必死で何かをアピールするワンちゃん

感動

母猫に見捨てられ、キーキーと鳴きながら助けを求めていた子猫が、1組の夫婦に出会い幸せを手に入れるまで。

癒されて笑える!!Twitterで見かけた動物たちの衝撃的な光景25選

とっても癒されて笑える!!ネットで話題のおもしろい動物たち大集合(30枚)

感動

「助けて…」何者かによって虐待を受けた子猫、愛を求めて1人の女性の側に近寄り…

感動

「プレッツェル」の脚で生まれた子猫。信じられないほどの戦いでみんなを驚かせる。

感動

火事場に取り残されてしまい、火傷を負った子犬を救った人たち