猫たちのために、手編みのブランケットが必要です。

このレスキューでは、猫が到着するとすぐに専用のブランケットを与えることになっています。

[2020-04-17]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
レスキュー『RSPCA Friern Barnet Adoption Center』に到着した猫たちには、すぐに自分専用のブランケットが手渡されます。
猫たちは、引っ越しするときに慣れ親しんだにおいがついているものを持っていくと落ち着きやすいと言われています。


そこでレスキューに来たときにブランケットを渡し、新しい飼い主が決まったときにいっしょに持っていくことになっているのです。
レスキューでは、このブランケットが不足しないように、寄付を募っています。


現在家の中で過ごさなければならない人も多くいると思いますが、得意な人は編み物で猫たちを救う良い機会かもしれません。
求められているのは、洗濯機で洗える30—40センチ(12から16インチ)のニットブランケット。


他にも、手作りのネズミなどのおもちゃも受け入れています。
猫たちのために、たくさんのブランケットが届けられると良いですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

ネコ用ドアをリニューアルしてみたら…

厳しい冬から救われた野良猫と子猫たち

人気になった可愛いのに面白い動物画像23選

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選

スーパーモデル並みのポテンシャルを秘めた猫たち

【ん???】ネットで話題のかわいい動物ツイート

あなたの顔をほころばせてくれる、猫たちの笑えるシーン

癒やされて笑える!ツイッターで話題になったおもしろ動物画像(25枚)

ネットで人気を集めた笑えるどうぶつ画像