9年間シェルターで暮らしつづける高齢犬

1歳の時に保護された犬。それから9年、飼い主が決まりません。

[2020-03-07]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
犬のマックスは、ジョージア州で救助され、1歳頃にニュージャージー州のレスキュー『Eleventh Hour Rescue』に移りました。


保護当時、マックスには後ろ足にBB弾が埋め込まれていました。
それ以外は過去に何があったのかは誰も知りません。
マックスは子犬の頃から大柄なので、人を怖がらせることもあったかもしれません。

でも、見た目と違い、中身はとても穏やかで優しい犬です。避難所のみんなは、


レスキューでボランティアをしているポール・バリッシュさんは、

「マックスはいつも満面の笑みを浮かべています。会った時からすっかり心を奪われました。
頑固なところもあるかもしれませんが、遊ぶのが大好きな楽しい犬です」
と話します。
マックスの体重は40kg近くありますが、仕草はまるで小さな子犬のよう。


遊ぶのが好きで、愛されたいと願っているのです。

スタッフは早く家族が決まることを望んでいましたが、残念なことに9年間もレスキューで暮らし続けています。
施設での暮らしは、動物に精神的ストレスを与えてしまいます。


一刻も早く、マックスが心から安らげる家が見つかってほしいものです。
賢くて可愛く、ハッピーな犬。


家族にたくさんの喜びをもたらしてくれるはずです。
遊ぶのも好きですが、のんびりするのも好き。

もう高齢のマックスには、子供がいない家の方が望ましいとのことです。


近い将来、素晴らしい家族が見つかるといいですね。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【ぽよぽよお腹を揺らしております】ツイッターで話題のかわいい動物画像

【大混雑?】思わず突っ込んでしまう動物ツイート25選

【トムとジェリー?】人気になった笑える動物ツイート21選

笑い

【お風呂が嫌すぎて覚醒した猫】SNSで話題になった動物画像

笑い

【ん…?あれは一体…?】話題のほっこりするどうぶつ画像20選

食べ物を与えてくれていた女性に我が子を見せにやってきた野良猫

【にゃるほど!どん兵衛猫とは??】SNSで話題を集めた笑える動物画像

笑い

【癒しのお裾分け♡】人気になったかわいい動物画像

SNSで話題になったどうぶつツイート