自分のお家を見つけた足の曲がった子猫

足の曲がった子猫は、いつも願っていた自分の家を見つけ、とっても幸せです♪

[2020-02-04]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
後足が曲がっている生後9週間の子猫は、「Alaska Cat Adoption Team」にやってきました。そこでレスキューは、特別支援が必要な動物たちのためのプログラムがあるレスキュー団体「Mojo's Hope and Alaska's KAAATs」に連絡を入れました。

そして同団体の創立者であるシャノンさんは、獣医による受診を予約したのです。
レディプルルと名付けられた子猫は、シャノンさんが思っていたよりも深刻な状態ではありませんでした。そして彼女はたくさんの勇気、才能、そして我慢強さを持っていたのです。
レントゲン検査ではどうやら昔の脊髄損傷が足を曲げていたようです。それでも彼女は走れるし、登ったりトイレも問題ありません。

そして彼女は、クリニックのスタッフたちの心を鷲掴みにしました。
そして「Alaska's KAAATs」の新しい家にやってくると、彼女はすぐに与えられた場所に落ち着き、テディベアの隣で眠ったレディプルル。

お友達がいた方が良いと考えたシャノンさんは、先住動物たち、犬のシンディと猫のハプルルを彼女に紹介しました。
ハプルルはレディプルルと同じく、後足が使えず、前足のみで歩いています。彼は自分と同じような子猫に出会ったことに夢中で、レディプルルを自分の保護下に入れました。

2匹は子猫のように走り回っては、仲良く一緒に過ごしました。
一方のシンディはこれまでたくさんの子猫や子犬の面倒を見てきました。そして新しい子猫を見て、彼女は尻尾を振ってとても喜んだと言います。

満面の笑みを浮かべ、新参者のレディプルルを新しい家族の一員として暖かく迎えたシンディ。
レディプルルはエネリギッシュ溢れる、とっても愛らしい猫ちゃんです。耳のそばで丸まるのが大好きです。そして辛抱強い、力強さも兼ね備えています♪
彼らのような、特別な支援を必要としている動物たちは、私を絶えず驚かせてくれると語るシャノンさん。

彼らはそれぞれの個性を輝かせています♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

家じゅうを真っ赤に染め、自分の体も赤くなってしまった犬

画像まとめ

捨て子がいる場所までバイカーを誘導した犬

【反則的な寝姿】Twitterで話題の可愛くて和む画像、動画まとめ

画像まとめ

飼主だけじゃなく、愛犬もここでくつろぐのがやっぱ好きなんだって♬

毛をカットしてもらい、同じ犬とは思えないほど変わってしまった犬たち

【禰豆子を意識?】真剣な眼差しなのに口元が可愛い...もふもふ猫「つきみちゃん」

命を救われた子猫は、ゴージャスな子に成長しました♪

笑い

【黒猫好き必見】収納ラックの新たな可能性を発見した黒猫「こねろくくん」

アパートの外につながれていた子犬。その後大変身を遂げました。