拾った子猫を里親として世話することにしたカップル。でも猫の方は…

ドライブスルー付近でひとりぼっちの子猫を発見。保護して連れ帰ることにしました。

[2019-12-17]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ドライブスルー付近にいた小さな野良猫。


偶然通りかかったカップルが助けてくれました。
1匹の犬と2匹の猫をもつレイチェルさんは、長年動物を助ける活動をしています。


3ヶ月前、レイチェルさんは地元のドライブスルーの近くの茂みに子猫がいるのに気づきました。


車から降りて探してみたものの、なかなか出てきてくれません。


そこで、捕獲器を用意してからボーイフレンドとともにその場所に戻り、無事に保護することができました。
子猫は逃げようとして身をよじりながら、威嚇するような声を出していましたが、レイチェルさんは猫をそっとキャリアの中に入れ、家に連れ帰りました。


まずは汚れた体を洗うことに。
ノミを取ってもらってスッキリすると、ようやく落ち着いたようです。
それからタオルでしっかりふいて、ごはんをあげるとあっという間に平らげてしまいました。


よっぽどお腹が減っていたのでしょう。
レイチェルさんはまた元の場所に戻り、母猫やきょうだい猫がいないか確認しましたが、誰もいませんでした。


翌日子猫を獣医に連れていくと、月齢は5〜6週、マイクロチップは入っていないことがわかりました。


ようやく心を開いたのか、のどをゴロゴロ鳴らすように。
当初は里親として預かり、その後飼い主を募る気でいたレイチェルさん。

でも、子猫はすぐに家に住む猫や犬たちと仲良くなり、このおうちが気に入った様子。


結局、レイチェルさんは飼い主として子猫を引き取ることに決めました。
先輩猫たちも子猫のことを気に入り、いっしょに寝たり、毛づくろいしたり、遊んだり。


とっても楽しそう♪
ブロンクスと名付けられた子猫。


おしゃべりでにゃあにゃあとよく鳴き、いつも気を引こうとします。


肩やひざの上に乗るのが大好き。
あんなに小さかったブロンクスも月齢4ヶ月半を過ぎ、ずいぶん成長しました。


元気でやんちゃで、おしゃべり上手な個性豊かな子です。
レイチェルさんに拾ってもらえたおかげで、幸せな毎日を送ることができています。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

目の見えない女性が初めて介助犬の顔を見た日

笑い

【今日は病院で血液検査をしてきた猫 かなりスネている】最近SNSで人気を集めた笑える動物画像

笑い

最近ツイッターで盛り上がった動物画像

笑い

【キュン死注意】おもしろくてかわいい動物たち厳選画像30選

【ねぇねぇ、何の音…?】最近ツイッターで話題のおもしろ動物画像

壁の断熱材から救われた子猫

生死をさまよった「エイリアン」のような猫。その後みちがえるほど変身し…

笑い

最近ネットで話題のおもしろ動物ツイート22選

笑い

【激おこキャット】明日から頑張れるどうぶつ画像(21枚)