536日ぶりに愛猫と再会

突然、姿を消してしまった愛猫のルーク。あらゆる手段で彼を探しても見つからず、一家は希望を失いかけていました。そんなときに入ったのは、思いもよらなかった一本の電話・・・

[2019-12-09]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ミンディさんと彼女のご主人がバージニア州にあるシェルターから引き取ったとき、ルークはとても恥ずかしがり屋さんでした。他の猫たちが遊んでいる中、いつも彼は隅っこに座っていたと言います。

そんな彼には、自信をつけてくれる家族が必要だと感じたミンディさん。彼の瞳を見れば、ただ愛に飢えているだけだと分かったと話すミンディさん。
しばらく時間がかかったものの、新しい家に馴染んで新しい家族が大好きになっていったルーク。そして一家に赤ちゃんが生まれた時も、すぐにルークは赤ちゃんに魅了されたのを見て、ルークにチャンスを与えて良かったと思ったメンディさん。

そして自信がついたルークは、庭に出て探検するようになりました。そんなある日、ルークを家の中に入れようと彼を呼んだとき、彼はどこにも見当たりませんでした。
すぐにメンディさんは、迷子のペットのための団体に連絡し、夫妻はできること全てをしました。近所の人に聞きまわったり、匂いを辿って帰れるようにと、トイレボックスと食べ物を置いたりもしました。ポスターを貼ったりしましたがルークは見つからず、メンディさんたちは希望を失っていったと言います。
数週間が一年と月日が過ぎ、メンディの悲しみは大きくなる一方でした。そしてルークがいなくなって536日後、思いもよらなかった連絡が入ったのです。それは、ルークが見つかったという電話でした。
最初は何かの間違いではないかと思ったメンディさん。そして、連絡をくれた動物管理局が教えてくれたシェルターに向かった彼女は、スタッフから次の説明を受けました。

どうやらある男性がルークを野良猫だと思ってこの一年間、餌を与えいたそうです。そして車に轢かれてルークが助かった際に動物管理局に連絡を入れました。その時にマイクロチップを確認して初めて、ルークのことを知ったと言うのです。

すぐにその男性の家に向かったメンディさん。するとそこには、玄関先でおやつを食べているルークがいました。そして再会した瞬間、これまでの一年間の空白の時間など、なかったようだったと語るメンディさん。
ルークはすぐにメンディさんの膝の上に乗っかってきたルーク。そして大きな声で喉をゴロゴロさせたのです。ルークも自分の家に戻れるのだと、理解してこれまでにない喜びを表したのです。
自宅に戻ったルークは、これまでのブランクなどないようにすぐに元どおりに過ごしているそう。メンディさんたちはこれまでの時間を埋めるように、たくさんの愛情をルークに注いでいます。
この話はペットが迷子になってしまった人にとっての、希望になってほしいと語るメンディさん。そして誰かのペットかもしれない動物を保護した人は、家族が幸せな再会ができるよう、マイクロチップの確認をして欲しいと語りました。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

ディスプレイのボールで遊びこける野良猫♪

【大きくなったね】最近盛り上がった癒される動物ツイート

芸術的なセンスで笑いを取る猫たち♫

笑い

【しらたき泥棒はこちらです】最近話題になったなごむ動物ツイート

笑い

【あったかぁ〜い♡】ヌクヌクと暖をとる幸せそうな動物たち

ただ見ているだけで、心がほんわか気分になっちゃう動物たち

【「おかあさぁぁぁん!!!」】ツイッターで話題の動物の画像ツイート

【可愛いお邪魔虫】人気になったおもしろ動物画像(24枚)

【ぎゃーーー】最近Twitterで話題の動物ツイート20選