家にやってくる子猫の世話をするおじいちゃん猫♪

3本足の子猫がやってくると、1匹の猫が彼女を自分の保護下において、世話を焼き始めました♪

[2019-11-30]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
足に怪我を負った子猫は、フロリダ州タバレスにあるシェルター「Lake County Animal Shelter」にやってきました。
そして獣医は最善の策として、子猫の足を切断することを決意しただと語るシェルタースタッフのエミリーさん。

モーガンと名付けられた子猫は、手術後からすぐに回復し、3本足で歩くことに順応していきました。
子猫が温かいお家で、静養できるようフォースターすることにしたエミリーさん。そこで手術後はエミリーさんの家でモーガンは過ごすことになったのです。

そしてエミリーさんは、そんなモーガンを自身の愛猫であるラントに紹介しました。
ラントは、エミリーさんがシェルターから連れてくる子みんなを可愛がってくれると言います。彼は酷い状態で保護された猫でした。14歳ほどと推定される彼は、もっともマイペースな猫だとエミリーさんは語ります。

そしてエミリーさんと出会ってから元気になった彼は、保護されてきた子猫たちのおじいちゃんとして接し続けています。ラントは子猫たちの育児をして、そんな彼から子猫たちは信頼と愛情を学んでいくのです。
モーガンもラントと出会ってからは、彼女らしさが輝き始めました。毛繕いをしようとするラントに、モーガンは戯れてレス二ングを仕掛けます。

そんな彼女のいたずらをラントは寛大に受け止めて、毎日彼女を綺麗にしてあげるそう。
そしてラントは、モーガンに他の子猫との遊び方や、猫としての振る舞いを教えてあげています。

そして彼女が遊んでいるのを見守って、必要な時にはそばに寄り添ってあげるラント。
おかげで元気いっぱいの子猫に成長していると語るエミリーさん。ラントや他の猫たちの後をついて行くのが大好きだそうですよ♪
3本足であろうと、モーガンは4本足の子となんら変わりありません!
モーガンがやってきて数ヶ月が経ち、彼女はそろそろ次のステップに進む準備が整いました。そんな彼女をラントも誇らしく思っています。

素敵な家族が見つかるといいですね♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

感動

「安楽死」という重い枷を背負った兄弟犬が偶然再会し、運命は逆回転を始めた

野生の砂猫を初撮影!貴重な写真がいっぱい

感動

ハスキー犬を救ったつもりが、逆に救われた女性のお話。

笑い

【癒やしと笑いがいっぱい】ツイッターで話題になったおもしろ動物画像20選

駐車場で見つかった子猫。その後友達もできました。

【おりたくないニャ~】Twitterで話題の高いところが大好きな猫ちゃんたち

驚き

思わず妙背中をのけぞらせてしまうほどの衝撃を受ける、ワンちゃんとニャンコたち

画像まとめ

ビニール袋に捨てられた小さな子犬

【どうしてこうなった!!!】ネットで話題の笑えるどうぶつツイート