飼い主を探すために、驚きの行動に出た犬

[2019-10-31]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
10月16日の午前9時過ぎ。
ウエスト・ヨークシャー州ビアリーのバス停から乗り込んできた一1匹の犬に、乗客たちは驚きの声を上げました。

スタッフォードシャー・ブル・テリアのミックス犬と思われる、その犬。
ハーネスを付けていたものの、飼い主の姿はなく、独りで乗車してきました。
乗客の1人だったジェマ・バートンさんは、その姿に心を打たれ、写真を撮りフェイスブックにアップしました。

バスに珍客が…

乗客の1人が撮った写真

【車内での様子】

ジェマさんによると、犬は途中のバス停で降りようとしたとのこと。
でも、犬が轢かれるようなことがあっては危険と、そのままバスに留まるようなだめたそう。
結局、バスに20分ほど乗り、終点のブラッドフォードにあるインターチェンジで乗客の1人と降りました。
【メディアのインタビューに答えるジェマさん】

「犬は大人しく乗っていて、なんだか悲しそうでした。乗客のニオイを嗅いだりもしていました。 飼い主と再会できればといいなと願っています。」

飼い主は現れず

【気になる、その後】

ブラッドフォードにある、動物支援団体『Yorkshire Rose Dog』のスタッフに引き渡されました。
2日間、飼い主が現れるかどうか様子を見ていたそうです。

でも、飼い主からの連絡が入りませんでした。
それから、犬はバーンズリー近くにある、保護施設『Cliffe Kennels』に移されました。

「バスの中で発見された犬」ということから、「オリーブ」と名付けられました。
元ネタは、70年代のTVコメディー番組『On the Buses』のキャラクターです。
施設では新たな飼い主を求めることになりました。

現在施設には、多くの人から引き取りたいという申し出が殺到しているとのこと。
フェイスブックで拡散しただけでなく、ニュースでも広く報じられたことが大きいようです。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

【何が起こるのかを理解した顔w】ネットで人気になったどうぶつ画像22選

笑い

【モテモテのカピバラさん♪】SNSで話題になったどうぶつツイート

笑い

【癒やしと笑いがいっぱい】人気の動物系画像ツイート 20選

我が子を置いていくことを拒み、威嚇していた母猫。里親の家で愛らしい猫に変身♪

異なる色の目と、変わった模様。ユニークな見た目の犬

画像まとめ

なでられるのすらつらいほどの皮膚病を患っていた犬。新しいパパのもとで幸せになる!

画像まとめ

愛犬の命のために、車を売ることにした飼い主

感動

公園で見つけた亀裂の入ったアヒルの卵を孵化させようとした、ある女性の決意

感動

「妹が1匹の子猫を拾ってきた」→その愛らしい姿に心を奪われた男性は…