孤児の孤児にできた年上のお友達♪

生後1ー2日で子猫のフリオは独りでシェルターにやってきました。

[2019-10-07]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
生まれたばかりの子猫は、母猫がいないところをレスキュー団体「San Jose Animal Care Center」に預けられました。シェルターのスタッフであるトゥラムさんは、すぐに地元のレスキュー団体「Mini Cat Town」のボランティアに連絡を入れたのです。
そして同団体にいる新生児のスペシャリストである、ローラさんが救いの手を差し伸べてくれたのです。
私以外、彼を助けることができる人がいなかったと語るローラさん。このような哺乳瓶で世話をしないといけない子猫は、手間がかかり過ぎるためにいつも最後まで保護されないと彼女は言います。

そんな子猫を自宅に連れて帰ったローラさんは、2時間おきに哺乳瓶でミルクを与えました。
ローラさんが付きっきりでミルクを与え、愛情をたっぷり注いだおかげで、フリオは遊び好きな愛らしい子猫へと成長していきました。

独りでいるのを嫌がるフリオ、いつも構ってもらって遊んでもらいたい、甘えん坊さんです。
そんな彼に友達が必要だと考え、彼女が面倒を見ている同じ年頃の子猫たちを紹介したローラさん。

ですがもっと遊びたがるフリオに、年上の子猫たちに会わせてみることにしたと語るローラさん。
年上の子猫たちだと荒くないか心配していたローラさんですが、以外にも年上の子たちはフリオにとっても優しく接してくれたと言います。

フリオは生後4週間で、ブルーベリーとラルフは生後8週間ですが、特にラルフはフリオを気に入って毛繕いもしてあげるとローラさん。
ラルフもブルーベリーも、フリオが小さいことを理解して、彼のそばでは慎重だと話すローラさん。一方のフリオは、体は小さくても、年上の兄弟たちから色々と学んで彼らの真似をするようですよ。
フリオが保育器の中で寝ていれば、ラルフは彼を守るようにその外をガードしています。お兄ちゃんお姉ちゃんは、小さな弟を溺愛しています♪
日々、成長しているフリオは、ローラさんの膝の上で座りながら、他の子たちが遊んでいるのを眺めるのが大好きだそう。

独りぼっちだった彼は今、たくさんのお友達ができました♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

やる気スイッチが見当たらないペット達

笑い

【…言うことない?】話題の癒される動物ツイート

笑い

【事件!?】ネットで人気を集めた動物おもしろツイート25選

【なにしたの?笑】思わず突っ込んでしまう動物ツイート25選

【←2016年|2019年→】ネットで話題の笑える動物の画像ツイート23選

笑い

ネットで盛り上がった笑える動物画像

生まれて初めて雪に触れた動物たちがとったリアクション10選

【必死な形相】ネットで話題の癒されるどうぶつツイート24選

感動

吹雪の中、亡くなってしまった飼い主が発見されるまで寄り添った忠犬