亡くなった親友のためにスペースを取る犬

人でも犬でも、大親友を失うことは、とても辛い事です。

[2019-10-02]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
シーズ犬のハリーが癒される過程は、飼い主さんのシンディさんが思っていたよりも長くかかっていると言います。彼は、亡くなってから一年経った今でも、大親友だったジョージを失った悲しみにくれているのです。
ハリーとジョージが出会った瞬間から、お互いに意気投合しました。ジョージが7歳のときに、彼の友人としてハリーがやってきました。とっても仲良しだった2匹、ハリーはジョージよりも遊び好きでエネリギッシュでしたが、いつも2匹は一緒に眠っていたと語るシンディさん。

そして恥ずかしがり屋のハリーは、いつもジョージのそばにいました。ジョージなしには部屋にいられないハリーは、完全にジョージを頼っていたと言います。ハリーを引き取った当初は、とっても臆病で、今でも彼は臆病なところがあるとシンディさんは言います。
毎晩、一つのベットで一緒に眠っていた2匹。ですがある日,15歳になったジョージは体調を崩してしまったのです。ハリーが一生懸命、病んでいるジョージの面倒を見ようとする姿を見て、とても胸が痛んだと語るシンディさん。

いつも一緒のベットでジョージと寝ていたハリー。ですがジョージが病気になってから、彼はベットの隣で寝て、スペースをジョージに譲っていたと言います。そしてジョージを楽にしてあげる前夜、そのことを察したようにハリーはずっと落ち着かず、寝ずに鳴いていたと語るシンディさん。
ジョージを楽にしてあげる当日、動物病院に一緒について行って、ハリーはジョージのそばから離れようとしませんでした。なので、ジョージが目を閉じる前の最後に見たのは、ハリーです。

そして今はほとんどの夜に、2匹で一緒に寝ていたベットに戻るハリー。ですが横たわるとき、必ずジョージのためのスペースを取っておくのです。
最初はなぜベットの中にハリーが入らないのか、一年前の写真を見るまで気がつかなかったと話すシンディさん。
シンディさんはハリーがこの哀しみを乗り越えられるよう、たくさんの愛情を注いでサポートしています。きっといつの日か、ハリーの心が癒されると信じて。
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

救命救急士が路上から救った子猫

【最新型!?】SNSで話題を集めた笑える動物ツイート

笑い

【完全に同化】最近盛り上がった癒される動物ツイート

笑い

【生まれつきの舞空術…???】思わず突っ込んでしまう動物ツイート25選

笑い

ネットで話題になったおもしろ動物画像

男性の方へ自分から近づいていった猫。まるでその人のことを待っていたみたいに…

笑い

【プンッ】最近SNSで人気を集めたどうぶつ画像

驚き

一度は見て見たい!珍しい模様のニャンコたち

【幸せオーラだだ漏れ】最近ネットで話題を集めたなごむ動物画像24選