保護された猫一家

近所の猫と彼女の子猫は、路上生活から保護されました。すると母猫にそっくりの子猫は、すぐに目立つようになったのです。

[2019-09-28]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
ワシントン州シアトルで心優しい人が、猫の彼女の子猫を動物愛護団体の元に連れてきました。サビ猫はロジーと名付けられ、近所の人が彼女が妊娠していることに気がつくまで、ずっと路上生活をしていたのです。

そして彼らがシェルターに連れていこうと思っていた日の前夜に、ロジーは4匹の子猫を出産したと言います。
そして、この猫一家の世話を引き取ることにしたのは、シェルターのボランティアスタッフであるシンディさん。ロジーも子猫もみんな、ノミだらけだったと語るシンディさん。
子猫たちをお風呂に入れて、綺麗に丁寧にノミを取り除きました。常に清潔な寝床に、ロジーも子猫たちもとっても嬉しそうにしたとシンディさんは語ります。

そして子猫たちの中でもロジーにそっくり子が、目立つようになりました。瞳が開く前から生意気だったフランシス。兄弟の中で一番最初に冒険に出たもの彼女でした。
足が動けるようになると、兄弟たちが母親に甘えている最中、彼女はひとりで寝床の外に出るようになったとシンディさん。
彼女は怖いもの知らずです。お風呂時間にも、彼女だけは鬼ごっこを仕掛けるそうですよ(笑)
すくすくと成長していったフランシスと彼女の兄弟たち。愛らしく成長した子猫たちは、もうすぐ新しい人生のスタートを切る準備が整いつつあります。
言うまでもなく、フランシスが先頭に立って、他の子たちをリードしています。他の子は、躊躇なく堂々とマーチしているフランシスの後ろを興味津々でついていく兄弟たち。
心優しい人のおかげで、安全で安心な場所でロジーは子育てをすることができました。
ロジーも、心穏やかに子育てに専念できる環境に感謝していることでしょう。これからの子猫たちの成長が楽しみですね♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

驚き

この世のものとは思えない美しさ!「メラニズムVSアルビノ」、軍配はどっち!?

画像まとめ

戦争の犠牲は人間だけじゃない!どうか、動物たちにも目を向けてください。

ネグレクトされた犬、ひどい皮膚病を患う犬、三本足の猫が親切な人によって救われる

小さな子猫を連れて、往復300km以上もの道のりを連れ回した飼い主一家

驚き

【進撃のワンコ】 遠近感で超ビッグに見えちゃうワンコたち

普通サイズの半分くらいしかない小さすぎる子猫。4か月たった今・・・

感動

ペンギンのヒナを守った、ヒーローらしからぬヒーローの正体とは…【動画付き】

【心が安らぐ♡】明日から頑張れるどうぶつ画像(21枚)

バスに乗った時に偶然出会った猫。その後いっしょに暮らすことになり…?