懸命に生きる!特別な足を持って生まれてきた子猫

ニューヨークに住んでいるある人が、庭にいる子猫を見つけました。よく見ると、その子は『特別に生まれてきた子』だったのです!

[2019-09-10]

Facebookでシェア
Twitterでツイート
2018年の夏にニューヨーク市、クイーンズ地区リッジウッドで子猫が発見されました。

その子猫の足は収縮しているようでした。


そこで発見した人は地元でレスキューをしているジャクリーンさんに助けを求めたのです。
連絡を受けて、すぐに子猫を引き取ったジャクリーンさん。

そのまま獣医に診せると、子猫は先天的に変形した足を持って生まれてきたことが分かったのです。


子猫は病弱でしたが、ごはんを食べるようになって、少しずつ気力がついてきました。

しかし、生後6週間の彼の体重は、450gもありませんでした。それでも、彼に足りない部分は彼の愛らしい個性で補えていました。
そして、ニューヨーク市のレスキュー団体「Fuzzy Butt Rescue And TNR」が彼のことを引き取り、付きっきりで世話をして、セラピーをしてくれるフォースターを用意することにしたのです。

その役割をすることにしたのは、ボランティアスタッフのダイナさん。

彼女は、子猫の写真を見て、一瞬で彼に惚れたと語ります。

初日から子猫は新しい環境に馴染んだと語るダイナさん。好奇心旺盛で、少し後ろ足を動かせる彼は、あちこちに動き回ったそう。
子猫は自分の障害をなんとも思っていないように、他の子と同じようになんでもトライしたとダイナさんは語ります。

そして彼が成長するにつれて、愛らしい牙ができてきたのです。そのユニークな見た目は、さらに彼の愛らしさが増していったのです。
『スペック』と名付けられた彼は、水生療法を含む理学療法の治療を受けています。

支持具をつけて、本来あるべき姿勢に体を維持させるカートで、筋力をつけるようにしているのです。

何回かの水生療法を受けた後、特注のカートを作ってもらったスペック。
現在、ダイナさんはペンシルベニア州大学の専門家と一緒にスペックの症状は何なのかを特定している最中だそうです。

そして何より、「彼を思いっきり甘やかして宇宙一幸せな子にしてあげたい!」と語るダイナさん。
とっても表情豊かで、遊び好きなスペックは、常に構ってもらいたいとアピールします。助けが必要なことがあれば、すぐに助けを求めてきます。

そして何より、『彼の生きようとする意思が強い』とダイナさん。
毎晩、眠る前に15-30分くらいはダイナさんに甘えたがるスペック。

そして翌朝、もれなく6時前には起こしてきて、そばでモフモフするそうですよ♪
優しくトントンとダイナさんを起こした後に、耳を擦ってもらおうと、腕の上に乗ってくるスペック。耳をこすってもらうのが大好きな彼は、夢中になって押してくるので、体が地面から浮かぶ時もあるそう(笑)
他の子とは少し違って、時には助けが必要なスペック。でもとっても甘えん坊さんの可愛らしい戦士でもあります。

自分に限界があると思っていないスペック、今日も彼は我が道を行っています♪
Facebookでシェア
Twitterでツイート

人気記事

画像まとめ

自分の死後の愛犬の幸せを願った老人

とっても癒されて笑える!!ツイッターで盛り上がった動物たち 25選

ウィンドチャイムの音色に合わせて、歌うように吠える犬

感動

「こんなに大きくなったよ♪」人間のママに育てられた子猫の成長記録に心がほっこり。

仔犬と添い寝したくなっちゃう人が続出!?【動画付き】

野良猫にロックオンされた瞬間の画像。男性が離れていくことを断固拒否し…

笑い

人気を集めた動物の画像ツイート

感動

母親代わりの猫が愛が必要な捨て猫たちを救う

画像まとめ

【涙の別れ】5年間共に戦場を駆け抜けたパートナー犬の死。最期まで側に寄り添う兵士の姿に涙が止まらない。